○○系女子の扱いには苦労する

黄緑 碧

7話―3「さも当然のように」

「そ、そうですか」
「一緒に見よっ」
「……分かりました」

 どうせ断ったところで、丸め込まれてしまうだろうから肯定しておいた。
 左耳用のイヤホンを受け取り、高田先輩にマウスとキーボードを受け渡す。
 ポンポンと手慣れた動作でホラー専門サイトへパソコンの画面を持ってきた。

 はぁ……。嫌だな。
 ホラー実は苦手。
 つか、得意な人なんてほとんどいないだろ。

「っ!」

 びっくりした~。
 映像が動き出した途端心霊映像とか止めてほしい。
 ビクッてなっちゃったよっ。

 ……ちょっと待て。
 俺でこれということは。

「怖い、怖いねっ」

 やっぱりかー!
 くっついてきたっ。
 さては、これが目的だったな。

「キャッ」

 悲鳴をあげるの遅すぎだろ。
 あと、いくらクーラーついてても人の体温というのは熱い。

「高田先輩、暑いです」
「だってだって、怖かったじゃん!」
「そうでしたけど」
「だから、祐君パワーでいやさ――プラマイゼロにしたの」
「どういう意味ですか」
「え、そのままの意味だよ?」

 いや、さも当然のように言われても。

 ガタッ!

「ちょ、何してるんですか!」

 ギャー!
 気づいてほしくない人にバレたっ。
 荒々しく席を立ち、大声をあげる円芭。

 つか、気づくの遅い!
 矛盾してるけど、早く気づいてくれれば抱きつかれずに済んだ。

「不可抗力だよ、円ちゃん」
「だったら、すぐ離れてくださいっ」
「ヤダ」
「た、高田先輩。離れてください」
「祐君から言われたらしょうがない」

 そう言って、高田先輩は俺から離れていった。
 まるで、ゲリラ豪雨みたいな人だな。
 去り行く先輩を見送り、激おこな幼なじみに目を向ける。

「……」
「……」

 親指をドアの方へ立てる。
 外へ出ろということらしい。
 指示された通り部室を出ると、円芭もついてきた。
 まずは、とりあえず謝罪をしよう。

「すまん」
「……」

 はい、シカトいただきましたっ。
 俺は諦めないぜ。

「すいませんでした」
「じゃあ、クレープ」
「え、クレープ?」
「おごれ」
「はい」

 反論の余地はまったくない。
 というわけで、あっという間に部活が終わり放課後。
 クレープ屋のある毎度お馴染みなデパート二階。
 円芭の好みのクレープを購入し、フードコート内のイスに腰を下ろす。

「疑似恋愛やるから」
「こ、ここでっ」
「そう」
「マジで……」

 超公衆の面前なんですけど。
 まぁ、俺が思うほど誰もこっちを見てる人はいないと思うけどな。

「へぇ……」
「な、なんだよ」
「高田先輩には拒まないくせに私には断るんだ~」
「分かりました。やりましょう!」
「じゃあ、私のクレープ食べて」
「お、おう」

 間接キスきたー!
 受け取ったクレープを一口食べる。
 うーん、甘い!
 これは多分、円芭が口つけたところというのも甘さをプラスさせてるねっ。

「……」
「……」

 凄い顔真っ赤ですけど。

「と、というわけで、解散っ」
「えーーーー!!」

 俺の叫び声がフードコートに木霊した。

「○○系女子の扱いには苦労する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く