乙女ゲー転生は心臓に悪いのです!

亜希野くるり

××第十五話×× ××世界の摂理××

大きく息を吸い込む
懐かしい…ここは何処だろう
あぁ、そっか
前世の桜坂か
…戻りたい…な

世界の摂理に逆らったから私は私では無くなった
自我を失って…覚醒した

『…どんなに誰かを消したって壊したって…!何も起こらないこの世界は理不尽なままでっ…私を消していくんだ!…だから、私は…もう…私では無くなるのよ!』

誰かの声が脳裏に過る

「くそっ…霜!自我蘇生魔法を!」
「分かった!」

やめて、傷付けないで
止まって…止まって…

「ふぅ…御茶会が台無しだわぁ…全く…悪い子ちゃんを抑えなくっちゃこの屋敷ごと飛ばされちゃうわねぇ…あっははは!」

「あぁ…ぐぅ…」

やだよ…もう…
絶望のどん底にはもう…
落ちたくないよ…

「カミ……サマ…」

「自我蘇生がだんだん効いてきたんだねぇ」

「はぁー…全くぅ…ていっ!」

「痛っ…い…グアアアア…」

「痛みを与え続けたら…ちょっとは理性的でいられるのかしら?」

ごめんなさい ごめんなさい
こんな事になるだなんて…ごめんなさい
もう…元の世界に帰ったほうが…良いんだ…

「うぅっ…ロゼ…さん…」
「なぁに?」
「元の世界へ…帰れますかっ…?」

「もちろんよ?」

「なら…帰らせてください…私、もう…駄目みたい…なので…」
「…そうね。雪氷!霜!…この子、帰らせちゃうわねぇ?」

あ…意識が…

「…て!待…」

「ここに…来て…良かったよ…ありがと…う…」

さよなら…

ミーン…ミーン…ジジジジジ
「ではーここの図形の式を求めるので─」
何処かの学校の何処かのクラスの教室の隅っこ

あ、Aクラス…体育してる
てことは次はこのクラスか…
暑いんだよなー…
暑いといえば…この世界に戻ってきて…
もう、3ヶ月か…

元気にしてるかな…

─BADEND─

「乙女ゲー転生は心臓に悪いのです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く