乙女ゲー転生は心臓に悪いのです!

亜希野くるり

××第十四話"中編"×× ××暴いた御茶会××

「秘密…?」
「えぇ…そうよ。と言っても貴方に限ってはとっておきの秘密がないのよねぇ〜…だから、一つだけ、教えてあげる♡…貴方の秘密は─」
そんなの…ありえない…
私はこの世界に…この世界…に…

害のある存在だっただなんて…

ドンッガンッ!
「あらぁ〜?邪魔者が来ちゃったわねぇ」
「雪氷にぃ…かな…っ…」

ふいに涙が出た
だってあんなことしてどんな顔で会えばいいのか
分からないから。

「…会わす顔がないのなら、貴方を今のうちに隠してあげる♡どぉするぅ?」

隠してくれるのならば
隠してくれるのならば…

「…お願い。お願い…」
「はぁい♡」
しばらくして
「開いた…おいっ!」

「はぁい♡可愛いお二人ぃ…こんにちわぁ♪で・もぉ扉を蹴破っちゃうのは可愛くないわねぇ」
「あいつ…莉乃は何処だ!?教えろ!」

「…教えろって言われて教えるわけ、ないわよね」

「…まさか…お前…」

「はぁい♡ロゼ、あの子に秘密を…」

ロゼが悪戯いたずらに微笑む


「教えちゃった♪」

「乙女ゲー転生は心臓に悪いのです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く