乙女ゲー転生は心臓に悪いのです!

亜希野くるり

××第十話×× ××密談××

「また…だ…ここは…」
「アと 19ニちデス」
「どーゆーこと!?」
「ガガッ…私ハ、問に答エられマせン」
「…また…消えた…」
ピチチチチ…
「ん…朝…か」
どうやらまたあの夢を見たらしい。
あと19日って…どーゆーこと…?
「ん〜美味しそうな匂いがする〜」
「おはよぉ」
「霜ちゃん、おはよう。」
「あのねぇ、雪氷にぃが言ってたよぉ
“1日家空けるから霜とよろしく”ってぇ」

んー…っと…
1日…家…空ける…
待て
おいおいおいおい…
推しが1日居ないのか
その代わり霜ちゃんがいる…と

“似すぎて辛い”

「わ、分かった。朝ご飯は?食べた?」
「雪氷にぃがサンドイッチ作ってくれてるよぉ」
流石…


「ここか…」
「あらぁ?雪氷君じゃなぁい?」
「お前のキャラには毎回呆れるよ。セト。」
「ふふふっ…私はこの洞窟の女王よ?」
「あぁ、そうだったな」
「塩対応ねぇ〜…そういえば…あの“異世界”から来た女の子…守ってあげてる?」
「…あと…19日だもんな…どうやって取り留めておくか…」
「ふふっ…あなたって束縛系でもあるものねぇ」
「…うるさいなぁ…まぁ、あいつ次第かな。」
「…そうねぇ、壊さないように守りなさいよ?」
「…言われなくても…」
よし!霜ちゃん寝たぁぁあ

寝顔天使かな…

「雪氷にぃ…いつ帰ってくるんだろ…」

さて、私も寝なきゃな──



───後、19日───

「乙女ゲー転生は心臓に悪いのです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く