乙女ゲー転生は心臓に悪いのです!

亜希野くるり

プロローグ

「はぁ〜…可愛い!愛おしい!天使…!」
私は高校二年生の彩芽莉乃あやめりの
完全なる、“ショタコン”だ。
乙女ゲームはショタの宝箱…
あぁ…ショタは美しい!世界を救う!
そんなこんなで今日も1日が始まった。
今日は、私の大好きな乙女ゲーの発売日
駅前の店まで突っ走る。
途中の横断歩道は手を挙げず…
てか、手なんて挙げる奴、いんの?
まぁ、突っ走る。
横に眩しい程のライトが現れた
そこで、私の意識は無くなった


「ここ…は…?」
「あ〜っ!起きた!ねぇ、雪氷ゆきとにぃ、起きたよぉ〜!」
見覚えがあるこの部屋…と
あのショタと…雪氷にぃ…
ここは…
ここは…ここは…!!!!


「乙女ゲーの世界じゃん…」

「乙女ゲー転生は心臓に悪いのです!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く