話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

はぶられ勇者の冒険譚

雪村 和人

プロローグ

 9月。夏休みが終わって最初の授業の日。朝っぱらからげっそりとした少年がいた。少年の名は吉村 遥。成績は中の上。性格はあまりしゃべらない、と言うかしゃべれる相手がほとんどいないので、隠キャと認識されている。そして、この物語の主人公。

 そんな彼がげっそりしている理由。それは、学生の最大の敵。その名も、SYU☆KU☆DA☆I☆である。そう。彼は夏休みが終わる直前まで全くと言って良いほど宿題に手を着けていなかったのだ。なので、ここ三日程寝ることができていない。自分のせいだ、と言われればそれまでなのだが・・・。

    まぁ、彼がげっそりしている最大の要因は別にある。

 学校に着いた遥が教室のドアを開ける。すると、1人の女子生徒が遥に気づき駆け寄ってきた。
「おはよう!遥くん!どうしたの?そんなにげっそりして。まさか、また夜更かし?ダメだよ?しっかり寝ないと。」
笑顔でそんなことを言ってくる女子生徒。彼女はこの学校で遥に話しかけてくる数少ない人物であり、同時に遥がげっそりいている最大の要因。

 名を、白井 時音。この学校において、「三大天使」と呼ばれている3人の内の1人である。肩胛骨辺りまであるまっすぐで艶やかな髪。ひどく優しげな、大きく、少し垂れ気味な瞳。小ぶりの鼻に、薄い桃色の唇。その全てが、完璧と言っても言い配置で並んでいる。

 老若男女問わず誰にでも優しく接する性格。責任感も強く、面倒見が良いので皆からよく頼られている。
「あとは、ドジっ子を直せれば完璧なのに」とは、男子生徒達の弁である。

 そんな彼女は、なぜかよく独りの遥にかまうのだ。
そのせいで遥は、他の男子生徒にいつも睨まれているのだ。それはもう濃密な殺気がこもった目で。しかも、その事に時音は全く気付いていないので、余計にたちが悪い。え?そんなに迷惑なら直接言えば良いって?そんなことしたら言った奴が殺されてしまう。誰にってもちろん<時音のファンクラブに>だ。

「おはよう。白井さん。今度からは気をつけるよ。」

 そう返した瞬間、遥の背筋が凍り付いた。理由は言わずもがな。男子達の殺気が強くなったのだ。返すと話していると言って、返さないと気にかけてもらってるのに無視している、と殺気が強まる。遥からするとたまったものではない。
どうやって離れてもらおうかと考えていると、チャイムが鳴った。

「うーん。もう時間かー。じゃあまたあとでね!遥くん!」

 と言い時音は席に向かっていった。その後ろ姿を見ながら遥は、
(出来ればもう関わって来てほしくないんだけどなぁ)
などと考えながら自分も席に向かった。

「はぶられ勇者の冒険譚」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く