話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

双剣使いの暗殺者

sho

ルーグの魔法

はぁー結局レベルは上がらずか、しかも魔法も使えてない。
「亜人街が見えてきましたよ」

「そうですね」

明らかに、不満そうな顔してるわね。

「街を過ぎた後、森の街道にモンスターの出てくる場所があるからそこで試し打ちしたら」

「本当ですか、ありがとうございます」

とゆうか、見抜かれてた。
ちょっと恥ずかしい。


「そう言えば、どんな魔法を作ったの」

食料だけ追加して買って街を後にした。


「攻撃と補助の魔法をいくつか」

「正々堂々戦う魔法というよりも、絡めてで敵を倒す形になるかと思います」


「出来れば、必殺になり得る魔法も作っておいて」

「考えてはいるですけど使うとMPがゼロになってしまうんですよ」

「撃つなら確実にやれる時じゃないといけないわけね」

「そうですね」

彼の魔力を全て使った魔法ならドラゴンだって殺せるはず。

「で、モンスターはどこに出てくるですか」

「この街道を行けば」

ギャァ

「出てきたわよ、ゴブリンに後は上位種のメイジコブリン」

数は普通のゴブリン10匹にメイジゴブリン1匹か。

「あなたの攻撃魔法で一度に全て倒せるかしら?」

「やってみないとわからないですけど」

そう言うとルーグか一本の短剣を抜くと居合いの構えを取る。

「ウォータースライス」

目にも留まらぬスピードで水を半月型に飛ばす。

ブシャー

次の瞬間、10個の首が飛ぶ。

「流石に、メイジが防御魔法でも貼ってたのかな」

「ミラージュ」

え?
どこ、ルーグが視界から消えた。

グサ

メイジゴブリンの頭に空洞が

次の瞬間、水の槍を持ってる、ルーグがいた。

「どうやって水魔法で姿を消したの」

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く