どうやら乙女ゲームのラスボスは私の婚約者のようで

3話


「では、あとはお二人で」

従者の人はそう言って戻っていった

…何があとはお二人でだ!今時言うのはませたおっさんぐらいしかお見合いで言わないから!!

「リーベと言ったな」

殿下が私に声をかける

「はい」

条件反射で一礼する

「これを見ても婚約すると言えるか?」

殿下は何かの水聖水らしきものを飲んだ

すると殿下から何かの虹色のオーラのようなのものが吹き出しその虹色のオーラが殿下を囲むようにしてまわり始めた。

ギュルルルルという効果音が聞こえるんですが…

厨二病の私にとってはおいしい状況なのだが…

…今は素直に喜べない

だって…











今目の前にいる人殿下だよ?お偉いさんだよ?そんな人がいきなり魔王みたいなものなって見なされ?

絶対ガン見する

そして無駄に美しいよ!その顔!

「綺麗…」

ふと口にしてしまった

ハッとなって

「申し訳ありません!ついうっかり小言をこぼしてしまいました!」

殿下に謝る…正しくは魔王の形をした殿下に謝る

「いや…。これで気味悪がらないのは他にいなかったな」

ん?殿下?他に見せて気味悪がったヤツいるの?何してんだよ!一応殿下だろ!

とは思いつつも

「先程の光の渦はとても綺麗でした」

「そうか…気に入った、リーベ、俺の婚約者と認める。嫌と言っても無駄だが」

私に拒否権というものはないのですか…

ん?婚約?この人と?





〜考え中〜暫くお待ちになられてください




…えええーーーーーーーーーーー!?!?

やだ!普通に嫌だ!

ずっと公爵家にいたい!

無理だけど!

…認めざるを得ないのかな…

そう思いながら認めようとした時

ん?待てよ?ルベライト・ホワーズ・パライバル…?

こいつまさか…

ラスボスだ!!!!

そういやいたな!この人ほんとに倒すのかってくらいイケメン&美形のラスボスが!

ってことは私はその妻…

ヤバい、私この婚約絶対に一波乱ありそう…


「どうやら乙女ゲームのラスボスは私の婚約者のようで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く