どうやら乙女ゲームのラスボスは私の婚約者のようで

プロローグ


「危ない…!!!」

あれ、友達だ。何が危ないんだろ?

キキーーーー!

車の急ブレーキの音がした

そうか。私が車に轢かれたんだ…。これで私も速やかに天国に…お父さんお母さんごめんなさい…

「おぎゃーおぎゃーおぎゃー!!!」

行きませんでした。天国には行きませんでした。

え?なに?私が子供産んだの?

「おめでとうございます!元気な女の子ですよ!」

お!女の子かー。やったー!と言いたいけど喋るのではなく泣くばかり

つまり…私が生まれた?

転生?





ここにリーベ・ファータ・クローシュが誕生した。










初めまして!

はじめてなので、誤字脱字などもあるかもしれませんが暖かい目で見守ってくれると有難いです!


よろしくお願いします!


「どうやら乙女ゲームのラスボスは私の婚約者のようで」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く