話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

天才が異世界で困ってます

夏季

14話 意地

「これはさすがにまずい……!」

俺はあせりながらもあたりを見まわす。だが魔物が多すぎて抜け道はどこにもない。

何か方法はないか…。

ひたすら頭をまわして考えるがなんにもでてこない。とにかく敵の弱点を知るために【鑑定】を使う。
だが、弱点を知っても攻撃手段がないため意味がなくなってしまう。

他には…!!!何か…!!!

しかし、魔物はそんな時間はくれない。大きなコウモリみたいな魔物とキメラみたなのが全速力で突っ込んでくる。

「がはっ…!!」

おなかに強烈な突進を食らった俺は勢いよく後ろに飛ばされる。だがそれで終わりじゃない。
次は飛ばされた先にいたトラみたいな魔物に鋭い爪で引っかかれる。

「ぐあああっっっ!!!」

痛すぎる…!!!背中が焼かれたように熱い。
血がじわじわと出てくる。

「なんで……、なんでだ……!!!」

地面に倒れた俺はひたすら地面をたたく。
悔しくてしかたがないのだ。あの二人にまんまとはめられることが。自分に力がないことが。
あの二人もずっとこんな気持ちだったのだろう。今はその気持ちがよくわかる。
俺も今すぐあいつらを殺しに行きたい。

だが今の状況ではもう無理だ。

こんな世界に飛ばされなければよかった。

もう死のう。

俺はそう思いながら目を閉じた。









……本当にこれでいいのか?

俺は自分に問いかける。
確かにここで死ぬのは簡単だ。だが本当にそれでいいのだろうか。
このままあいつらの思い通りになるのは嫌だ。死ぬのも嫌だ。
ならもう生き残るしかない。

意地でも生き残ってやる!!!

俺はフラフラになりながらも立ち上がる。やっぱりあたりは魔物だらけだ。
だがそんなのはもうどうでもいい。

とにかくこいつらの特徴を覚えるんだ。
弱点、スキル、動き、全てを覚えるんだ!

俺は今までにないぐらい集中し【鑑定】を使った。コウモリみたいな魔物「オンバッド」トラの魔物「レオード」。それに「ハイキメラ」と亀の魔物「ガートル」。これらの魔物のすべてを暗記した。
その時だった。急に頭の中から声が聞こえてきたのだ。

『オンバッド、レオード、ハイキメラ、ガートルを記憶しました。
 スキル【超音波】【風爪】【火球】【飛行】【鋼体】【岩鉄弾】を覚えました』

スキルを覚えた……?

まさかスキルを記憶することができるのか?
もしそうなら、こいつらを倒せるかもしれない!
そして恨みを果たしてやる!!!

「行くぞっっ!!!」

俺はそう決意し、魔物に向かって突っ込んでいった。






「天才が異世界で困ってます」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く