話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

職業暗殺者の異世界ライフ

sho

二つに分かれた戦場

その頃、騎士団とローガ、フィルは、

「こっちだ化け物」

騎士団数名とサイコベア10匹が交戦していた。

「もっとだもっと下がれ」

「次の角を左だ」

サイコベアが市民に手を出さないように下がりながら、戦う。

「なっ、行き止まり」

民家が壁となり行く手を塞いでいる、
騎士団では10匹のサイコベアを相手に相手にする事はまず不可能。

「グルルル」

勝利を確信してか、サイコベアが笑った瞬間。


「炎虎」

炎の虎が全てを敵を焼き殺す。


「囮ご苦労だったな」

「いえ、我々にはこのぐらいしか出来ないので」


「しかし、ローガさん1人では最終的にサイコベアを全滅させれても被害の拡大を止めるのは」

「いや、フィルのやつが高台から戦場を見てる、襲われてる市民が居れば即援護射撃がくるだろう」


「姫様の方は大丈夫でしょうか?」

「それこそ、問題ないだろう。現騎士団長にBランク冒険者それも探知も攻撃魔法も強いときた光魔法と影魔法が共闘するとこは、正直かなり見たかったが」


「まぁ、他の場所を気にしてる余裕はない」


「今、自分にできることをやれ」

「俺たちの場合は取り敢えず、モンスターどもを排除だ」


騎士団頭上を飛ぶ1匹の鳥型のとモンスター。


「元騎士団長のローガ出張ってきてるわね」


「けど、リリアはの姿は見えないわね」



「どーせ、ルノアの方に行ってんだろ」


「どーする、このままだと私の可愛いモンスター達が全滅するのも時間の問題だよー」


「ローガは俺がやるぞ、獣人の炎が人間の炎より優れていると証明してやる」


「それと厄介なのがもう1人いるよ、私のモンスター達を隠れて殺し回ってるのが」

「お前の眼でさがせばいいだろう」

「それが出来ないから厄介なんだょ」

「移動中とモンスターを殺す時以外は、姿を見せないし」

「多分、隠蔽系のスキルそれもかなり高位の持ってるだと思う」


「ローガと闘うのはいいけど、そっちにも気をつけないと不意打ちで殺されちゃうぞ」

「職業暗殺者の異世界ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く