話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

職業暗殺者の異世界ライフ

sho

襲撃

貴族達は、王都から自分達の領地に戻り、パーティは終わった頃、王都の路地裏にある4人の影。

「さてと、そろそろ始めるか」

「やっとかよ」

「貴族達もまとめて殺してやれば良かったのによー」


「そんな事したら、奴らの連れてる護衛まで敵に回しちゃうでしょ、馬鹿なの」


「取り敢えず、二人とも陽動よろしく」

「分かってる」

「向かってくる騎士は殺していいんだよな」

「その代わり一般人への手出しは禁止」

「オーケーだ」

「ウェーブ・ファイヤ」

犬人の獣人の男が王都の街に火を放つ。

「さぁ、思いっきり暴れていいよ、私の魔獣達」

「召喚(サモン)」

熊型の魔獣を召喚する狐人の女。


街は火の海、城下町は魔獣まみれ。


無論、城からでもその景色は見えていた。

「ローガさんこれどうする?」

「モチ撃退」

「騎士団員数は?」

「大体、50人か」

「実力は?」

「レオより少し下くらい」

「あの魔獣見た事ないけど強いの?」

「Cランク冒険者でも手こずるサイコパスベア」

「それが約40匹」

「ユート殿、ローガ、フィル殿、街の騒ぎの鎮圧に騎士団は動いていますが」

「騎士団員にはあのモンスターの排除は厳しいようでご助力を」

「元よりそのつもりですよ」

「そうね、流石に見過ごせないよね」

「まぁ、俺は元騎士団長だしな」

「一人当たり10匹片付けて、街に炎をつけた魔導師を潰す」

さぁ、今から反撃開始という勢いの時に悠人に違和感が走る。


「どうした、ユート?」

「姫様の護衛付けておいたシャドウ・ドールがやられた」

「なっ」

「本当ですかユート殿?」

「言ってる場合早く姫様の元へ」

ローガ驚き、リリアは真偽を解き、フィルが急かす。

一同は、姫様の部屋へ行くと、戦闘の痕跡そして、倒れているレオ。

「姫様がいない?」

「部屋には大した出血の後はないな、姫さんは殺されとんじゃなくて攫われたっぽいな」

ローガが状況の整理。

「取り敢えず、レオ君を治療室へ」

城の使用人に引き渡すフィル。

「さて、姫様は攫われ、街は大混乱」

「二手に分かれて各問題の対処に当たりましょうか」

最後にリリアが解決案を出す

「暗殺とは一体?」

「職業暗殺者の異世界ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く