話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

職業暗殺者の異世界ライフ

sho

依頼概要

「ギルドからの依頼かあ〜」

やっぱり、嫌だな。

朝になると、妖精の宿屋を後にしてギルドに向かっていた。

どんな依頼か考えているうちに


「着いちゃった」



「おはようございます。ユートさん」


「おはようございます。イリスさん」


ギルドに着くとすぐ、ギルドの受付嬢のイリスさんと挨拶を交わす。


「昨日の言われた、依頼の件で来ました。ローガさんはどこに?」


「ギルド長ですね。お呼びしてきます、応接室でお待ちしていてください」



〜30分後〜

「遅い」

いくらなんでも、遅すぎる。

そろそろ帰ることを考え出した頃。


ガチャ


「いや〜、悪い悪い。こんなんでも一様ギルド長なんでな、多忙なんだよ」


「まぁいいですよ、今度からしっかり時間を決めておいてくださいね」



「それで、僕に依頼って何ですか?」


「それなんだかな、王都で姫が20歳になる誕生日を祝うパーティがあるんだが、そこに獣人国の奴らが姫の暗殺を目論んでいるって情報が入った」

あ〜、何となく話が見えてきた。


「それで、僕にどうしろと」

「王から、元S級冒険者の俺に姫の警護を依頼してきた。そして、念の為にもう1人信頼の置けるものを連れてきてほしいとのことだ」


「僕、接近戦強くないですよ」

何とかこの依頼を避けたくて出てきた言い訳を口にする。

「気にするな、いざとなったら戦ってもらうが、基本的にお前にやってもらいたいのはあくまでも探知だ。スキルと風魔法で姫に近づく危険を探ってくれればいい」


「ちなみに、成功すれば王から褒美を与えてくれるそうだ」


探知するだけで、報酬が手に入るなら特なのかな。


「もう1つ、言うとお前イリス契約してるだろ、ギルドからの依頼に関して言えばお前に拒否権はないぞ」


「分かってますよ、それで一つ質問なんですけど、何故獣人が姫さまを殺そうとしてるんですか?」


「今回、王が獣人国との同盟を決定したんだ。俺は気にした事は無いんだが、この国では、亜人への差別が酷くてな、そういった風潮をなくしていこうと考えあってのことらしい」


「残念な事にこれに反発する奴らがいてな。亜人を奴隷として売っている。商人や逆にそれを買う貴族の連中だ」

「獣人の方にも奴隷にされた家族がいる奴らや迫害を受けた奴らが反発してるらしい」


「まぁ、動機はこんなとこじゃ無いか」

「獣人から狙われているといったが、正確に言えば人間からも獣人からも狙われている」


「奴隷って言ったけどこの国では奴隷制度が、採用されているんですか」


教科書でしか、聞いたことのないゲスな言葉に少しイラつきを覚えた。


「先代の王までは適用されていたが、今の王が全て廃止した」

「そうですか、分かりました。改めてこの依頼を受けさせてもらいます」


「あっそれと、一様パーティ客として呼ばれる事になっているからな、誰か女のパートナーを探しとけよ」


「パートナーですか?分かりました」

「それと、出発は明日の正午だ」


話を終えギルドでしばらく誰を連れて行くべき考える事にした。


こっちの世界で知り合った女の人はフィリアさんとリーアさんそれとイリスさんか、


ギルド関係で呼ばれている以上、立場としてはイリスさんに頼むのが一番良いんだろうけど、いざ戦闘になったら危険だしな〜


「クエスト終わったわよ」


あっ


そこに丁度クエストを終え帰ってきた。フィリアさんが居た。

「すいません、フィリアさん少し頼みがあるんですけど」




「職業暗殺者の異世界ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く