話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

職業暗殺者の異世界ライフ

sho

結局Bか

悠人が起きると、見られぬ天井が見えた。

「えっと、ここどこだっけ?」


「ここは、ギルドの管理している医療施設ですよ」


未だに状況を認識できていない中、隣で淡々と説明するギルド職員のリーアさんがいた。


「えっと、リーアさん何で僕は、医療施設にいるんですか?」


悠人がそう尋ねると、呆れた顔で

「ローガさんとの試験で魔力切れ[マナ・アウト]と身体中の火傷で倒れたんですよ」


試験か。そういえば、何か手加減抜きでボコボコにされたっけか。
・・・・。いや、手加減はされてたんだろうな。
使ってた、魔法の殆どが威力の高い攻撃魔法だけだったし。


「それでは、貴方の試験結果の報告をさせてもらいます」


「あっはい、よろしくお願いします」

あれ、てゆうかリーアさんっこんなに僕に優しかったっけ?

「結果だけ申し上げますと、B ランクの冒険者に認定させてもらいました」

「ローガさん言わく、魔力も魔法の使い方も面白いが、剣術や戦闘経験が低すぎる」

「はぁー、Bか」


あれだけ頑張ってこれか


「何をがっかりされてるんですか?」


「BランクはAからHまでのあるランクで受けから2つ目ですよ」

「まぁ、Aの上にSランクもありますが、未だにとっている人は、ローガさんしか居ませんし比べるだけ損ですよ」

確かに、あんな出たら目な人(ローガ)と比べだけ無駄か。


「差し当たりもお伝えする事は、冒険者としての活動は今日から始めてもらって結構だということですが、身体が完治するまでは無理はしない方がいいですよ。また、Dランク以上の冒険者には指名の依頼が入ってくるのでギルドに確認をしにきてください」




「職業暗殺者の異世界ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く