話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

職業暗殺者の異世界ライフ

sho

異世界?

皆さんに質問があります。
下校中、突然変な光に包まれたと思ったら草原の中にいました。
貴方ならどうしますか?

僕の答えは
「夢だな」現実逃避。
草原の中で寝転びました。正直気持ちがいいのでずっとこうしていたいがそうもいかず。
「とりあえず、人を探そう」
とはいえ、辺り一面に広がる草原。
「やばい、本当にどうしよう」

  カサカサ
 
草むらから何かが動いた音がした。
「何だろう」
草を分けて見てみると
「何、これ」
赤くて丸い何かがいた。

よくわからないけどとりあえずやばそうなので
「逃げる」
 ドチャッ
「何か飛ばしてきたー」
 ドチャッ

ジュウ〜
謎の物体が飛ばしてきた赤い液体が地面に触れると草が枯れ、赤い蒸気が出てきた。
「毒かなんかか」
ビチャッ
「えっ」
赤い液体が悠人の制服についた。
「うぁぁぁ」
痛い痛い痛い痛い痛いマジで痛い。
悠人は激痛に襲われた。
「やばい意識がマジで死ぬ」
意識が薄れ草むらに倒れこむ。
目も開けていられなくなり、
「死んだなこれ」
自分の死を悟った瞬間。
ドンッ
何か大きい音がしたがそのまま気を失った。

「職業暗殺者の異世界ライフ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く