転生させていただきます! 〜チート能力と異世界生活〜

Mr.たい焼き娘

#47 領地でのお仕事Part ①



天界を離れた俺たちは、サングラリアードに帰ってきた。


「はぁぁああ、帰ってきたぞー!」

『お疲れ様です!』エルナ
『…マスター、寝ようよー』リンネ

「まだ朝じゃん」

『リンネちゃんは、ハヤテ様と一緒にあんなことやこんなことしたいんだよね〜』セレナ

『ん…セレナ、正解』リンネ

「目的はそっちかよ、相変わらずだな」

『…それって褒め言葉?』リンネ

「って、褒めてねぇーよ。このエ○悪魔」

『まぁいいんじゃないですか?リンネちゃんも可愛いし!というか、私もしたいですし!』カンナ

「カンナはちょっと黙ってなさい。というか、女の子からそんなこと言っていいのかよ」

『ハヤテ様?女子にも食欲旺盛の子もいますよね?それと同じで性○旺盛の子だっているんですよ?』エルナ


あぁ、こりゃだめだ。うちの嫁たちはなんか、頭のネジ結構飛んでる気がする

『『『『なんか変なこと考えましたよね?』』』』

「いやそんなことないぞ!うん」

あっぶねぇー、うちの嫁たち怖い…

そんな俺たちを尻目に、

『あはは!…天界でも見てたけどやっぱり実際が一番面白いよね、大変だけどハヤテ君、ガンバ!』ティア

「そんなこと言わずに助けてくれよ…」



本当,神様って分からんな…





俺は、ひとまず自分の仕事スペースに戻ると内政官のラストールさんが、お茶を入れてきてくれた。

「お、ありがとうございます」

『いえ、どういたしまして、結構早めのご帰宅でしたね。5日くらいは戻らないものかと』

「なんか、意外とあっさりしててな、3日で終わったからね」

『そういうことですか、あの、早速で申し訳ないんですけど…』

「どしたんですか?」

『我々で税金を管理しているんですけど、ちょっとよく分からないところがありまして…』

聞く話によると、税金制度を変えたことによって、結構いい感じに経済効果が起きたらしいのだが…領民から『そんなに金貯め込んでどうする気だ』と、苦情があったらしい。

そっか、貯めるだけ貯めて使ってないもんな…

「今って、どのくらい回収してるの?」

『現在で、王金貨が10枚くらいですかね』

10億円か…

え?そんな溜まってない気がするのは俺だけ?

「10億って、税金としては結構溜まってる方?」

『私たちもそんなにだと思うんですが…』

だよな…
貯めるって概念がないのか?
それだったら、銀行作ったら結構景気が良くなる気がするな、
まぁそれは後々で、

「じゃあ、道路の整備をしよっか、税金で作るって言って実際は使わなければ、お金は溜まってくからね」

『それはいいですけど、そのお金はどこから出てくるんですか?』

「お金はいらないよ」

『何を言ってるんですか?無理に決まってるじゃないですか』

「まぁまぁ、俺のスキルに神威創造ってスキルがあるんだけど、それだったらいくらでも自分が作りたいものが作れるんだよ」

『神スキルじゃないですか!さすがハヤテ様ですね。では早速!』

「あ、ちょっと待ってくれ。工事はデルド達の土木課に任せるよ、道具は俺の方から提供するから」

『了解です。そういうことで、進めていきます』

「お願いね〜」


道か…サントリーン地区は、建物が密集してるから作りにくいな…
元ある道を整備すればいいか、



俺は素早く、現地調査に向かい、ほんのちょっとでサントリーン地区全域の舗装見積もりを建てた。

うん,相変わらずいい仕事しますな。




「転生させていただきます! 〜チート能力と異世界生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く