転生させていただきます! 〜チート能力と異世界生活〜

Mr.たい焼き娘

#36 神々の集い 〜②



『で、ですよねー』

結局俺はヘタレってことですよ、ハイハイ
これでも頑張ってる方なんだけどな…

「じゃ、じゃあ…誰から行く?」

『私から…いいですか?旦那様?』
手をあげたのは、セレナだった。
そういえば、セレナとはまだだったか…

なんか緊張するな、まぁなれることなんかないんだろうけど…

俺たちは、5人が寝ても余裕くらいなベットに入った。

俺は服を脱ぎ、みんなも脱いで行く。

最後の砦は、なぜか俺が脱がさないといけなかった…

そして俺は、セレナを軽く押し倒し…

『は、初めてなので…優しく…お願いします…』
「は、はい…任されました」



その夜、俺の部屋で繰り広げられた戦いは、朝まで続いたのだった。










a.m.6:00


俺は目が覚め、ベッドから体を起こした。
ベットには、もちろん4人が眠っている。
俺は、適当に服を着て街に出ることにしたのだが…





『ハヤテ様、置いてくなんてひどいですよ?』(エルナ)

「起こしちゃ悪いかなと思ってさ」

そう、エルナがついてきたのだ。
そういや、2人きりになったことなんて最近なかったしな〜

『ありがとうございます!でも、私はハヤテ様と一緒にいたいですから!』

「そ、そうか…/// じゃあ、ちょっと付き合ってもらおっかな〜」

『…?』









ガチャ、

『いらっしゃい…あ!ハヤテ様じゃないですか!』

「おはようございます、ミーシャさん」

ミーシャさんは、冒険者ギルド王都の受付嬢をしている獣人(犬)の人だ。
言ったらセクハラになるかもしれないが…
身長は高めだが…胸はマウナ・ロア火山のようにペタンコだ。


「今日はちょっと、軽く討伐を…ヒッ!」

俺は後ろから感じる殺気のようなものを感じ後ろを見ると、鬼の形相でエルナがこちらを見ていた。

『旦那様…?この方はどなたでしょう?』

「いや、ただのギルドの受付嬢さんだよ!!!!!?」


俺がその言葉を言った途端に、ミーシャさんが、口ぱかぱかさせて、
『…た、ただの受付嬢…』

って言いながらショックを受けてらっしゃるんだけど…

あとでお詫びに何かおごろう…うん…

というか今は…


『ふぅーん?ただの・・・ですか。』
ギロッ

うぅぅ…怖いよ…まさに鬼の形相…

『何か失礼なこと考えました?』

「いえ何も!」



『…この女の人怖い…』ブルブル(ミーシャ)






                …next 



〔ステータス〕


○ ミーシャ・アーツ

[種族] 獣人ビースト(犬)

[年齢] 23歳

[職業] ギルド受付嬢

[レベル] Lv 26   

[HP]    36000/ 36000

[MP] 230/230

[性別] 女

[称号] ・美人受付・元剣士・剣鬼

[スキル]
 ・解析,鑑定  Lv 5
    ・物理攻撃   Lv 8
    ・物理攻撃耐性 Lv 3
    ・剣術     Lv 9

[ユニークスキル]
 
    ○ 斬鉄剣 Lv 50

    …一定の時間,自分よりもレベルの高い
  相手への攻撃力が10%増加


[加護] 武神の加護








※ 今回からステータスの表示を変更

[スキル]のLv  の最大は10まで

[ユニークスキル]はLv  最大99まで
(主人公、またそれに関連する人物以外)





「転生させていただきます! 〜チート能力と異世界生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く