転生させていただきます! 〜チート能力と異世界生活〜

Mr.たい焼き娘

#30 作戦開始の直前



今日は家に帰れないと、エルナたちに伝えておいたので今日はサングラリアードでの就寝となった。


翌朝


「はあー、寝た寝た〜!」

俺はリビングに起きていくと…

「…何してんの?」

目の前にはエプロン姿で朝ごはんを作っているカンナがいた。
『なにしてるのって、朝ごはん作ってるんですよ!もうちょいでできますから』


「は、はい…」







『どうぞ!召し上がってください!』

「…これって…」

メニューは、

まさかの和食…

白米に味噌汁、アジの開き、漬物だった。

『はい!和食にしてみました。ハヤテ様のことについて天界に行って調べてみたんですよ!』
と自信満々にドヤ顔してきた。

「じゃあいただきます。」

パク



「う、うまい!」

『本当ですか!?ありがとうございます〜』えへへ〜

と頬っぺたを抑えながらクネクネしていた。



食後、

会議室にて…

「さて、今日はアデルート侯爵が来る。適切に対応してほしい。みんな、よろしく頼むよ?」

『『『『わかりました』』』』

ここにいるのは、カンナ、ラストールさん、あとは屋敷の中にいるメイドや執事さんだ。

「そして今回の目的は、アデルート侯爵が何を考えているかだ。影武者まで使う徹底ぶりだから…何だろな?」

するとカンナが、
『もしかしたら…暗殺…とか?』

と言い出した。
暗殺か…可能性はあるな…

「よし、そう言うことで行こう。護衛は悪魔族にも頼むことにしたので人数は確保できると思う。いつも通りの仕事をしながら警戒も頼む!」

『『『『了解しました』』』』



と言うことで早速、

「【ワープ】」


悪魔界へと飛んだ。



「ただいま〜」
俺は城の扉を開けた。
ここに来るの久しぶりだな、
すると、

『おかえりなさいませ〜!旦那様〜』

「ただい…うげぇ〜!?」

走ってきたセレナにタックルされてしまった。
…グスン…痛いです…

『おかえりなさい旦那様!』
「うん、ただいま」

俺はセレナたちに事情を話し、何人かこちらにきてもらうことになった。
すると、
『私もそちらに行きたいんですけど』
と言い出した。
セレナにはこのまま残ってもらおうと思ってたんだけどな〜

まぁ1日2日だから大丈夫か、
「わかった、セレナも行こうか」

俺は何人かを連れて地上へ戻ろうとした時、
『あの!』

と後ろから声がかかった。

「ん?どしたの?」
そこには、20歳くらいの男の人がいた。
『悪魔界王様、私がセレナ様不在の間、補佐として勤めてもよろしいですか?』

と聞いてきた。セレナに聞いてもオッケーだったので、国王補佐を頼んでおいた。
とまぁ、一通りしたから大丈夫だと思う。

アデルートの本性さらけ出してやる!














2時間後


『いきなり押しかけてすまない。今日は色々あってな』
「いえ、大丈夫ですよ、ゆっくりしていってください。」
アデルート侯爵を応接間に通して色々話していたのだが、これ言って内政など関係ないしょうもない話だった。
おそらくこれも、時間稼ぎなんだろうな、

(ハヤテ様、屋敷の裏手に3人ほどが潜んでいます。処分しますか?)
とカンナが念話を送ってきたのだが、まだ辞めておいた。
監視してたらわかるだろうしな。

1時間後アデルート侯爵は帰っていった。



さて、
(カンナ、屋敷に侵入した人数は何人?)

(はい、およそ12人くらいですね)

(みた顔はいたか?)

(いませんでしたけど…ギルドにいた人がいたかもしれないです)

ギルドか…
何か絡んでそうな気もするな、
もう一回行ってみるか、




俺は、カンナを連れてギルドへと向かった。
『ボロですね』
「俺が前来た時のままだな」


ギルドに入っても誰もいなかった。
どしたんだ?何かあったんだろうか?

『お久しぶりでございます。公爵様。』
「久しぶりです。ランドールスさん」
直々に現れたのはギルマスのランドールスさんだった。
『ランで結構ですよ?ん?お隣の方は?』

「あぁ、彼女は…

『私は、ハヤテ様の秘書兼、お嫁さんのカンナと言います!』

『「はぁぁぁああ!?」』

「ちょっ!お前何言って…

『そうでしたか!申し訳ございません。奥方だとは…、ハヤテ様…奥方何人いるんですか?まさかYSP!?』

「ち、ちゃうわ!アホ!」

『すいません!テヘペロ♪』
「可愛く行ってもダメです!」
だいぶメタいな、
おい作者!言葉を選べよ!

〔すまぬ〕


というわけで、ランさんとの会話でわかったことがあった。
1つは、闇ギルドが存在することだ。
この前から調べていると、存在が発覚したのだという。
でも、スラム街に拠点があるらしくどうにも踏み込めないらしい。



はぁ…  課題は多いみたいだ







9/24   一部修正


「転生させていただきます! 〜チート能力と異世界生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 時龍クロノス

    えっと…コロナさん…半年後にその名で大変な事になります。不吉な名前ですので改名を推奨させていただきます
    (真剣)

    1
  • ノベルバユーザー375831

    コロナってww

    2
  • ノベルバユーザー342484

    YPSじゃなくてYSPだと思います。

    0
コメントを書く