話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺は特攻隊員として死んだ

Saisen Tobutaira

第3話 到着

靖国神社が見えてきた。周りの隊員達は嬉し涙とも悲し涙ともわからない涙を流していた。靖国神社の門をくぐると白衣を纏った老人に声をかけられた。

「名誉ある死を光栄に思う。ワシがお主らの魂を連れて行く」

「一同、敬礼っ」

隊長の号令で俺達の小隊は老人に敬礼をした。どうやらこのご老人が魂を連れて行ってくれるらしい。

「今日も靖国は美しいな」

「おう、俺らもここに祀られるのか」

「桜の季節になると晴子さんと赤子が会いに来るんだ」

「そうか、楽しみだな」

俺達は靖国神社に祀られることを誇りに思っていた。美しい桜が咲き乱れる頃に晴子さんと赤子が会いに来る。俺は出撃前夜、晴子さんと約束した。早く会いたくて仕方がなかった。

「では……皆一つだけ願いを叶えよう。もちろん生き返らすことはできぬが」

ご老人は口を開き、一人一人に尋ねていった。家族の未来、日本の未来、愛する人の未来、皆が思い思いの質問をしていた。残念ながら質問の答えは質問者にしかわからない仕組みになっていた。質問の答えを聞いて喜ぶもの、ショックを受けるもの、反応は様々だった。

そして俺の番が来た。

「お主は何を望む?」

「日本が負けることはわかっています。戦後どのように日本が変わっていくのかを知りたいです。できるだけ遠い未来の日本に行ってみたいと思っています」

「わかった。すまんがワシの力じゃ2018年に飛ばすのが精一杯じゃ。それでもよいか?そう時間は長くないぞ」

「はい。ありがとうございます」

俺はお礼の言葉と同時に敬礼をした。そして、身体が宙を舞う感覚に包まれ、目を瞑った。数秒後に風を感じ目を開けると、ニューヨークの空にいた。

アメリカじゃないか……日本を知りたいのに

俺はご老人を恨んだ。なぜなら、最後の願いすら叶わなかったからだ。

あれっ

俺は違和感を覚えた。ニューヨークの割には道行く人はアジア人ばかりだ。それに看板は日本語で書かれている。

もしや

ニューヨークと思っていた場所は、2018年の東京だったのだ。東京とわかった途端、皇居と靖国神社を血眼になって探した。

あった

俺はひとまず安心した。皇居があるということは国体は守られている。それに靖国神社も健在だ。

俺は安堵に包まれていた。

「俺は特攻隊員として死んだ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー323106

    面白いです。続きを楽しみにしています!!頑張って下さい

    1
コメントを書く