転生したら一般村人が確約されているはずがまさかの最強龍王だった!?

しょーたんん

転生したら一般村人が確約されているはずがまさかの最強竜王だった!?

私と梅崎詩音は死んだ、
単なる交通事故だ。それ以外語ることは無い....

(きこえますか....きこえますか....)
何かが聞こえる....
(きこえますか....ねぇちょっと!聞いてるの?)
私は思わず(うるさい....聞こえてるよ!)と、叫んでしまった。
すると、さっきの声の主が(それなら良かった。あなたは死にました)
私は(そう....)と一言だけ返した
その声の主は(物わかりがいいのですね)と、言う、どうもその声の主は女神様らしい....
(あなたはこれから異世界に行ってもらいます、もちろん望むものは全て差しあげしょう....あなたは何が欲しいですか?)
私は当然こう答える!(自由!自由が欲しい!あと健康で長生きできる村人になりたい!)
女神様は(分かりました、では、異世界に行ってらっしゃい!)

「転生したら一般村人が確約されているはずがまさかの最強龍王だった!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く