話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Untitled
ファンタジー

連載中:9話

更新日:

Untitled

  • あらすじ

      何もないところにいた。精神薄弱のまま、白い国のツノと名乗る者から、ただ生きることを条件に《全ての状況に対応可能な加護》と世界に関する知識を与えられ、異世界転生を果たす。
     
      そして、気がつくと素っ裸で、神々やその眷属が跳梁跋扈し、複雑怪奇な出来事が次々と起こる《山》に放り出された。
     
      のっけからからハードモード確定。とにかく全速力で山からの離脱を試みるが、次々起こる奇怪な出来事に遭遇する。
     
      山を抜けると、戦場だった。兵士達は前懸具足を装い、槍やら弓やら火縄銃やらを担ぐ、戦国時代さながらの光景が広がっていた。
     
      後方を警戒していた兵士達に捕らえられてしまい、今度は戦を趨勢を見ることを条件に解放を約束され、渋々戦に参加することとなる。
     
      異能の力が飛び交う戦場を、少数の兵士に守られながら、敵本陣を目指す。地獄とかした戦場で仲間たちは次々と傷を負うが、戦の趨勢を担う任務を受けた部隊に撤退は許されない。
     
      幾重にも理不尽が重なり、生きることへの絶望感を募らせていく。そんな中、死中に僅かばかりの希望を見出し、手からこぼさぬように決意を堅くする。
     
     ーーーーーーーーーー
     
      神やあやかし。独自の政が行われる様々な国々。古代文明が眠る遺跡にそこに住まう人々。神通力と呼ばれる魔法のような能力。不可能を可能にする失われた文明のロストテクノロジー。
     
      一風変わった趣向を凝らしています。子供の時分にWebにあげていた作品を元に、大人になった自分ならばどういった作品を、書けるのか。流行りの異世界転生物で試してみよう。というのが、この作品投稿の経緯となっています。
     
      主目的は自身の技術向上です。なんの実績も経験もない素人の文章になりますので、誤字脱字や小説の体をなしていない箇所があるかもしれません。何かと気づきの点がございましたら、お知らせいただけると幸いです。
     
      ただ、不可思議な点で改行されているのはWeb小説のお約束ということで、容赦のほどお願いします。
     
      もちろん作品を掲載する以上、技術向上の向上はもとい、一人でも多くの方に、この作品を楽しんでいただく事ができれば幸いです。
     
      またこの作品は、小説家になろうにも掲載されており、そちらの方でも読んでいただけます。更新の関係上、こちらの方が掲載が早くなります。

「Untitled」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品