話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

今から十分以内に死んでください

黄崎うい

二人目 木之内 愛(4)

 まったく……、何が三分間よ。どうせ、殺せるはずなんて無いのに。強がりも良いところだわ。

 黙っていてくれるならば、逆に都合が良いじゃない。さっきよりも冷静に色々と考えられそうだしね。

 多分、登り始めた場所が駄目だったのよ。いくら山を上れるからって、あの場所を選んだ私が馬鹿だったわ。何も突起がないのに、登れるはずがないのよ。

 コウは確か登れるならば登っても良いと言った。つまり、登れないとは言っていない。やっぱり、登れるんじゃないのかしら。それなら、絶対に登りやすい場所があるはず。

「ねえ、ここ、もっと明るくならないかしら? 暗くてよく見えないのよ」

『…………』

 予想はしていたけれど、コウからの返事はなかった。どうせ、黙っていると言ったので黙ってました。とか言うんでしょ。さすがに学習するわよ。

 私は、壁をできるだけ調べて突起物がないか探した。よく見えてはいないけれど、触ればわかるはず。それに、本当に後三分だったならば、そろそろ急がないと。時間なんて教えてくれないはずだし。

 ……一周した。けれど、突起物何てものはなかったし、やっぱり、登れないのかもしれない。でも、ここを登らなければ何もできない。じゃあ、登れるはずでしょう? 

ガタッゴトッガタッ

「えっ! ? 」

 何かあったの? いきなりスピーカーから何かが落ちたような音がして、驚いた。もしかして、こんなアホみたいなの終わり? 私帰れるの? 

 こう思ったとき、私は少しハッとした。帰れないことを信じていた。ここから出られないと言うコウを信じていた。ありえない。信じないつもりだったのに。

『すみませんね。強制終了です。まあ、後五秒しかありませんし』

「ちょっと!終わったなら早くここから出しなさいよ! 」

 私は、何とかして反論をしようとした。けれど、返事の代わりに降ってきたのは、何かのガスだった。

「ちょっと! 」

『死なないから、それでは死なないから平気ですよ。それではさよなら、木之内 愛さん』

 どんどん意識が遠退いていった。どうやら睡眠ガスらしい。眠気に逆らってどうにかしようと思ったけれど、やっぱり、ガスには勝てないらしい。何年も科学者やって来たんだから、そんなの、努力しなくてもわかったのにな。ああ、先輩、私の新作、どう使ったのかな? やっぱり、マウスで実験だよね。でも、一言だけ言って、それで勝手に持っていっちゃうのは、ひどいなぁ……。

「今から十分以内に死んでください」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く