話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

今から十分以内に死んでください

黄崎うい

一人目 松成奏

目を覚ますと、木製の狭い部屋の中にいた。何もない。ただ、妙に高さのある部屋で、周りはよく見えないほど暗い。

『おはようございます。松成まつなり かなでさん』

上から声が聞こえてきた。変声機も使っていないただの声だった。目を凝らすと、天井にスピーカーと空気穴のようなものがあった。

「おい、ここはどこなんだ! どうして俺の名前を知ってるんだ! お前は誰だ! 」

俺は、出せる限りの声を出してスピーカーから聞こえてくる声の主にそう問いかけた。

『…まあ、落ち着いて。私は、そうですね…コウと名乗っておきます。ここは、木箱です。貴方の名前は、半年ほど前から知っておりました』

コウと名乗る者は女のようだ。声は高く、イタズラのような笑みが籠っていた。

「ここから出せ」

俺は落ち着いて言った。落ち着かなければコウの声がさらに笑うのがわかっていたからだ。

『…それはできません』

「は? 何でだよ」

コウが否定し、俺はつい怒りを込めた声で言ってしまった。

『ここから出る方法は一つです。それをクリアしなければ、そこから一生出ることはできません』

よくある脱出ゲームみたいなノリだな。あの空気穴から問題でも降ってくるのか? まあ、ここから出られるのであれば、それでいい。

「早くここから出る方法を言え、大事な仕事が残っているんだよ」

『知ってますよ。大学生時代、可愛がってもらった先輩がたまたま昇進していてその推薦で入った会社で、その先輩企画のお手伝いを今までやってきて、ようやく自分の仕事任せてもらえたんだもんね。もう三十過ぎてるのに。そりゃあ大切だよね』

コウがいきなり馴れ馴れしい話し方になった。印象が一気に幼くなった。

「じゃあ、ここから出せよ」

『だから、それは課題にクリアしたらだってば』

ウザい…。ガキっぽい話し方を一向にやめそうになく、そうとすら思った。

「何をすればいいんだ」

さすがに怒りが隠しきれなくなってきた。それでもできるだけ抑えてたずねた。

『じゃあ、指令を読むよ』

コウがそう言うと、ガサッという紙を広げたような音が聞こえた。

『指令、今から十分以内に死んでください』

「は? 」

一瞬、何を言っているのかわからなかった。え? 死んでください? 冗談だろ。

『それでは、注意事項を説明します。この箱は…』

「は? 待て待て。え、俺死ぬの? 」

『はい。それが課題になるので』

「え、俺、ここから出られないじゃねぇか」

俺はかなりテンパっていた。ただ、テンパって落ち着きをなくせばなくすほど、コウの声にイタズラがみえた。

『いいから話を聞いて。貴方が死ねれば、死体は遺族に返すよ、課題をクリアするから外に出す。ただ、死ねなければ貴方は海に沈められるね』

「は? わかってんのかガキ、これは犯罪だぞ? 今ならまだ許してやる。だからここから出せ」

コウの理不尽さについに怒りを隠しきれなくなった。だから俺は少し強い口調で言った。

『わかってないのはお前だよ、異常犯罪者』

コウはイタズラ染みた声をやめ、怒りを含んだ、低い声で言った。俺はもちろん、何を言われたかわからなかった。

『まあ、いい。異常犯罪者。注意事項だ。この箱は二×二×五 (メートル)の箱だ。この中には他に何もない。以上。それでは今から十分間。よーい、始め』

異常だ。この状況が異常すぎる。俺は間違いなく死ぬ。それは理解できる。だが、異常犯罪者ってなんなんだ!? 俺が犯罪者だと? 俺にそんな記憶はない。

いや、待て。そんなこと考えている暇はない。自殺しろってことだよな。ここには何もない。高さも五メートルしかないなら上って飛び降りることも不可能。

「何で俺がお前の言うことをきかなければいけないんだ! 」

『……』

返事は返ってこなかった。そんなことわかりきっていた。どうせコウは何も言わないさ。

『あと七分』

スピーカーから聞こえたのは、俺を急かす声だった。

「これは木箱なんだよな? 壊せばいいのか」

俺がせっかく名案を思い付いてそれを言ったのに、実行しようとすると、コウに遮られた。

『言っとくけど、水が入るように木の繋ぎ目に隙間はあるけど他は超合金でおおってるからね。鉄より固いから素手では到底壊せないよ』

見事に対策済みか。死なせるつもりもないし、ここから出すつもりもないってことか。

「おい、死んでくださいって言っても、死ぬ方法なんかあんのかよ! 」

『……』

どうせ無言だ。そう思ってた。が、返事はきた。

『一つだけある。貴方が苦しみ続ければいい。そうやって時間を無駄にし続ければいいんだ』

は? 苦しみ続ければいい? どういうつもりだ? 時間を無駄にしていたらいずれ時間切れになり、俺は殺される。

「それは時間切れでお前に殺されるってことか? そうなのか? 」

『違う。自殺だ』

「ますます意味がわからない! なあ、お前みたいなガキがどうしてこんなことするんだ! 」

『……』

やっぱり無言だ。本当に俺が、いったい何をしたというんだ。俺はなにもしていないはずだ。何度考えても記憶にない。

『あと五分』

いつの間にか、残り時間もあと五分になっていた。俺は、こいつの言うことをきかなければならないのか? こいつの言うことをきいて死ぬか、きかないで殺されることしか俺にはできないのか? 

マイナス思考しか出てこなくなる。これが死の恐怖なのか? それとも、こんなガキに殺されることに対する屈辱感か? 俺は、先輩に言われたから、だから仕事をしていた。本当にただそれだけなんだ。

『あと三分』

「なあ、答えてくれよ。俺のどこが犯罪者なんだよ……」

半分、泣いているかのような声になっていた。でもその事に関してはもうどうでもいいんだ。俺は、大学を卒業して、就職して……それからはずっと先輩の手伝いに尽くしてきた。仕事以外には趣味も持たずに一生懸命やって来た。いったいどこが犯罪者だというんだ。

『……はぁ。貴方のしてきた仕事が何のためだか知らなかったのかい? 正しくは異常犯罪者って言うのは貴方じゃなくてその先輩のことだね』

は? 俺じゃないのか? 

「何で俺がこんな目にあわなければいけないんだ! 俺は犯罪者じゃあないんだろ? 早くここから出せよ! 」

『いい加減にしな! あんたのせいで何人が死んだと思ってんだ! 』

ピピピピピピピ

タイマーのようなものの音が聞こえた。コウがいるところに付いているのだろう。もしかすると、もう時間なのかもしれない。そう考えるだけでコウのさっき言った言葉もろくに頭に入ってこない。

『あと一分』

冷静に戻ったコウの声が再び聞こえてきた。俺がいったい何をしたというんだ。俺が人を殺したなんてことありえない。

俺は、人殺しじゃない。

『時間だ』

コウの短い一言が聞こえた。その瞬間、絶望からか、意識が遠退くのを感じた。いや、あの空気穴から何かガスが出てきていたのだ。恐らく、海に沈める間、騒がないように眠らせたのだろう。

俺は、死ぬのだ。どうして異常犯罪者呼ばわりされたかもわからないまま、コウという謎の少女 (? )に殺されるのだ。

本当に、何が悪かったというんだよ……。

犯罪者に犯罪者呼ばわりされる、最悪な最期だった……。


松成奏はゲームでいうチュートリアルなので、かなり短い方です。ただし、これより短い人がいないとは限らない。何人いるかは秘密です。二人かも知れないし、百人かもしれません。では、また。

「今から十分以内に死んでください」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く