話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

エスティーネチェイス

お客sama

3話 破壊、喪失。

 初撃を防がれたアリアは追撃はせず後退を選択する。


 エイゼルは距離が空いてしまう前に霧を放ち追撃する。しかしその攻撃は既に十分に離れたアリアは難なく回避する。


 異能スキルを使い隙が出来たエイゼルへ再度距離を詰める。先程と同様に最短で接近するが、今度は上段に剣を構える。


 攻撃を防ごうとエイゼルは剣を横に構え迎え撃とうとするが、アリアはその動きを見て上から降り下ろすのではなく、流れるように動きを変え、胴へ向けて横一線を描く。


「――ッ!」


 刹那、死を感じ取ったエイゼルは後ろへ重心を傾けアリアに向けて至近距離から丸太のような大きさの霧を放つ。その攻撃を読んでいたかのようにアリアはその場で床に顔が触れそうなくらいまで伏せて回避する。霧はまたしても床を破壊していった。


 アリアはその姿勢から前へ跳躍し剣が届く所まで近付く。エイゼルは次々と来る斬撃一つ一つに後退しながら剣を丁寧に合わせ対処する。


 だがあまりにも素早く強力な太刀筋を叩き込まれ、次第にエイゼルに粗さが生まれ始める。短時間に何度も打ち込まれる剣に間に合わせるので必死なり、少しずつ雑になってきていた。
 その粗さはほんの僅かであっても徐々に蓄積すれば決定打となり得る。


「くっ…!」


 防戦一方のエイゼルは広範囲に拡げた霧をアリアへ放つことで無理矢理距離を取り、体勢を整え不利な状況をリセットした。


 エイゼルは腹を斬られ出血しているが傷自体はそこまで深くはない。それに対してアリアには傷一つ付いてない。


 それこそがまさに、両者の実力差を明らかにしていた。


 両者は相手から目を離さずに息を整えていく。特に異能スキルを使いながら戦っているエイゼルの呼吸は荒い。が、理由はそれだけではない。


「はあっ…はあっ……クソッ、当たらねえ……」


 敵に攻撃が当たらないことと、ここが敵の本拠地であることが焦りを加速させていく。
 時間を稼がれれば増援を呼ばれ状況が更に絶望的になることが分かっていたが、エイゼルとしても時間を稼がなければならなかった。


(あいつの予言も、絶対では無いのか…!?)






 焦りを顕にしている一方、アリアは冷静に思考を巡らせていた。アリアとしては敵を逃すことになってもと考えていた。寧ろその方が都合が良かった。


 アリアの考えは、瞬間移動の類いの異能スキルであれば増援が来る可能性が十二分にあると見ている。仮に複数の敵に囲まれればアリアとてまともに抵抗出来ない可能性があるため、下手に攻めて消耗するのは避けたかった。




 どちらにも不安要素があり、どちらの増援が先に現れるかで勝負が決まると言ってもいい状況であった。






「フッ、ハハハッ…」


 そんな状況であるからか、突然エイゼルは笑い始めた。


「人間の姿をした化け物は恐ろしいな、全く、なっ!!」


 アリアが攻めてこないことに痺れを切らして、エイゼルは不意打ちのように霧を瞬時に形作り放出した。五本の太い線が二度、計十本の霧がアリアを襲う。
 上から落ちてくる一本、胴体目掛けて下から飛んでくる一本、脚に向かって床と平行にアリアの左から一本、アリアの移動先を予測して置いた攻撃の二本。どれもが目にも留まらぬ早さであった。


 二度続けざまに連続で霧を放つも、一度目は全てを紙一重で躱し、二度目はその場から瞬時にエイゼルに接近することで前から来る線のみを避け、エイゼルへ渾身の一振りを放つ。


 エイゼルは剣を両手で構えてその一撃を受けた。両腕が痺れそうになるが、負けじと力を込め鍔迫り合いに持ち込んだ。


 両者の力が入った腕が小刻みに震え身体を支える足が強く地面を踏み締めていた。五秒ほどその状態が続き、先にアリアが口を開いた。


「一体、誰に言ってるのかしら」


と聞いて半信半疑でいたが、ここまで力の差を見せ付けられると尚更その噂も信じられなくなる」


「否定はしないわ。でも私が異能スキルを使ってないのは見て分かるでしょう?」


「化け物め……」


 そう答えつつも、エイゼルは右腕に霧を増幅させていく。それに気付きアリアは剣を引き十分な距離を取った。




 異能スキルを持たない。これに前例は無く、誰もが最大で3つ、最低でも1つは異能スキルを必ず持っている。


 しかしアリアは、で唯一無二の異能スキルを持たない者である。
 そして剣の才能のみでストラ王国軍の頂点まで上り詰めた最強の剣士、それがセルシア・アリアである。


 二年前の戦線においてアリアは、敵が消耗した段階で投入され、銃や異能スキルが飛び交う中で敵の兵士を次々に剣で屠っていった。


 誰もが持つ異能スキルを持たず、独特のセンスで相手の動きと思考を読み、剣を振るい切り伏せ圧倒する姿を化け物と表すのは言い得て妙である。




異能スキルを使わない、にもかかわらず剣を持てば俺達よりも強い。それがどれだけ異常なのか、自覚してるのか?」


「さあ?人間離れした意味不明な力なんて必要ないし、それが普通だと思い込んでいるあなた達には吐き気すらするわ」


「ハッ!そうですか」


 忌々しく舌打ちをし、エイゼルは霧を膨張させていく。


「なら異常者は異常者らしく…、自分が普通と錯覚したまま死ねぇ!!」


 エイゼルは叫び、霧の体積は右腕だけでなく全身を食らいつくすかのように増していく。その全容から禍々しい力の奔流が漂っていく。




 このまま発動すれば膨大な魔力の消費による反動でエイゼルは動けなくなり絶体絶命の状況となる。勿論エイゼルもそれは理解している。しかしこの攻撃をまともに食らえば誰であろうと一溜まりもない。


 アリアは最速で行動できるよう腰を落とし身構えた。いつ攻撃されようと関係ないよう精神を極限まで高めた。




 だが―――、




(攻撃、しない……?)


 エイゼルの霧の増幅は止まっているはずだが、一向に異能スキルを使おうとする様子が見えない。


(何かをしている……?)


 ありとあらゆる身体中の細胞、神経、組織をフルに使い、その違和感を探す。全身全霊でその違和感の正体を調べていく。五感に意識を集中させていく。




 そして見つけた。




 エイゼルの足下の影が動いているのを。




(影が動い―――ッ!そうじゃない!あれは!でも何故そこに…!?)


 避けられた際の悪足掻きかと思うが自分であれば避けられる自信がある。そして避けられる事は相手も理解しているはず。




(ならば何故足下に…?)




 その疑問が絶えず繰り返される。




(足下に隠して何がある?ないのよ……?一体何の意味が……)










 床?










 エイゼルの足下の床は壊れていた。そこに霧が流れている。




 背筋が凍るかのような悪寒が走った。




 背後から、が来る。




 そして、自身の背後に何があるのかを思い出した。相手の行動の謎、それが全て繋がった。




 しかし、気が付くのが遅かった。




 反射的に右に跳ぶが、左脚の大半がによって破壊され膝より下が完全に無くなった。傷口からは信じられないほどの血が流れ出す。そして速度を保ったまま床に転がり倒れる。


「ああっ?!」


「それが避けられたらどうしようもなかったが、まあ結果としては上出来だな。しっかし、死角からの攻撃に反応出来るのはどう考えても有り得ねえぞ…」




 エイゼルは初めの一撃で霧をに限り無く弱く薄くして潜めていた。アリアであっても気が付けない程に。


 放出するタイプの異能スキルは込められた魔力が無くなるまで動きや効果を発揮する。
 とはいえ、最初の一撃だけではここまで長い時間は持たない。なのでエイゼルは霧を放つごとにわざと床を破壊したりすることで、床下の霧に魔力を追加させる。そうして床下の霧を維持することが出来たのだ。


 エイゼルは完全にアウェーである場所を自分が有利な状況へと作り上げた。


 異能スキルを持つが故のアリアとの大きな差だった。


 大技を放つと見せ掛けて注意を腕の霧へと向けさせる。その間に床下の霧を最初に破壊した場所へ溜めていき、本命の不意打ちで完全に意表を突いた。


 息が荒く疲れていたのも、霧を維持するために魔力を多く使っていたことが原因の一つである。






 第六感によって背後からの攻撃を感知したが、あと一歩間に合わず深手を負ってしまい、アリアの顔が酷く歪む。左脚の痛みだけでなく、それ以上に込み上げてくる絶望感が支配している。


「本当に強かったよお前は。何かしらの異能スキルがあれば負けていたと思うよ」


 アリアとは対照的に口角を上げゆっくりと歩み寄ってくる。




「終わりだ、最強」




 霧が槍のような形に収束していき、黒い穂先がアリアへと向く。それを見つめると息が止まり心臓が張り裂けそうなくらいに鼓動が強くなる。




「あぁ……嫌だ……」




 まだ死にたくない。




「嫌だ……いや!」




 死にたくない。




 エイゼルの右腕が槍を手に取った。


 その時――、










 突如、天井から眩い光を放つ円が現れる。


「なっ!?」


 エイゼルは突然起きた異変に動揺し、思わずアリアと光る天井付近から離れる。


「なんだこれは…?!まさかこっちにもを使うやつがいたのか!?」


「……え?」


 目の前で起きている現象は未知のものであった。




 暫くすると水の放つ白い光が強まっていく。


 水面が揺れる。


 揺れる境界から人の身体が徐々に現れ、重力に引かれそのまま床へと落ちていった。




 床に倒れているその人間は全身が水で濡れた黒い髪の男であった。




 死を求めた異常者がこの世界に落とされた。

「エスティーネチェイス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く