僕と彼女のたった一つの約束 

竜泉塚神楽

気づかれないための方法

ゲームに集中できずに負け続けた授業のあと、少し重くなった体で俺は食堂へ向かった。食堂はすでに授業がおわりお昼ごはんを食べようとする人でにぎわいを見せていた。俺は食堂に入ると空いている席を探していた。すると後ろから
「赤崎君もお昼食べに来たの?」
と声をかけられた。振り返るとそこには野々村がいた。俺はその質問に
「うん。そうだよ」
と答えていた。
「じゃあさ、一緒に食べない?一人だとこの空間に居辛くてさ」
といわれ俺は少し迷った。確かにここまでグループの人がたくさん居ると一人で食べていると浮いてしまうが、二人きりというのも注目を集めてしまうのではないかと考えたからだ。するとまるでその考えを見透かしたかのように野々村は
「一人で居るよりはましだって。それにばれないための作戦会議しようよ」
といわれるとうなずくしかなかった。
ちょうど二人が対面し合って座れる席を見つけるとその席に荷物をおいて券売機へと向かった。俺はカツカレーを選んだ。彼女はミニうどんしか頼んでおらず驚いたが別でおにぎりを用意していると聞いて用意周到だと思った。お互いにつかず離れずの距離を保ちつつでも会話も特にはずないまま席に戻った。
「いただきます」
というと彼女はうどんを食べた。すると満面の笑みで
「ん!おいしい」
と言ってとても幸せそうだった。
「小さいころから食べることくらいしか幸せなことなかったから食べることが今の生きがいなんだ。」
「そうなんだ。」
「あ、そうだ。明日からもごはん一緒に食べてもいい?」
「へ?」
「私まだ友達いないからさ、新しい友達が他にできるまではさ毎日さご飯をここで一緒に食べてもいい?」
という提案が彼女からなされたことはねがったりかなったりだった。彼女と一緒にご飯が食べられることは注目されるとしてもうれしいのに当分は一緒に食べられるからだ。俺は迷うことなく
「いいよ」
と答えていた。
「そっか。よかった。あ、もう授業始まっちゃうね。赤崎君は授業あるの?」
「いや、空きコマだよ」
とこたえると
「そっか、私は授業があるから行くね。またね」
というとお皿の乗ったトレーを片手に器用に手を振りながら食堂を去っていった。



「僕と彼女のたった一つの約束 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く