プレイヤーキラーと呼ばれた男の物語 〜裏切り者は処すべきだ〜

ノベルバユーザー319083

驚くべき理由



ーーーーというわけなんだが....おい
    聞いてるかい?
     まぁ、驚くのもしょうがねぇか」

師匠はそう言うと、その場を後にした
明日、門番をしなくちゃならんらしい

一方俺の方はというと、
ずっと師匠の話が頭から離れない

「嘘だろ.....」

俺は絶望と恐怖から逃げるように
寝床についた。

だが、夢の中で、師匠がずっとその話をしているのをみて起きた。
まだ、30分も寝てないそれほどまでに
怒りと恐怖に支配されそうだった。

その理由とは、

お前さんたちが召喚された本当の理由
それはな、
      
       育てれるところまでは育てる
       そして世界の狭間に最大攻撃を一斉に
       に仕掛けて狭間を壊す。
       そして、そこから今の住民だけ
       ほかの国や世界に行き、移動するまで
        の時間稼ぎをして、置いてけぼりにす
         る

というものだった、
通常、数体しか出てこない魔獣が
何百、何千と出てくれば今の俺は愚か、
師匠までもが1秒を数える間も無く殺される。

しなくていい手口はないのか?
そう考える人がほとんどだろう。

実際、ないわけではない
だが、クラスメイト?この世界の住人?
今まで、裏切った者が多くいるこの世界を
なぜ救わねばならないのか、、
いっそもう、このことをみんなに伝えればいいんじゃないか?

みんな....みんなって誰がいたっけ?

?!
ここで俺はあることに気づいた
今の元々いた世界の奴らは
ほぼほぼ俺が殺してきた、全滅させれば
俺は巻き込まれなくて済むのでは?

俺はが高らかに笑ったってこう言った。

「さぁ、始めようか、
       俺のための暗殺をーーーーー








「プレイヤーキラーと呼ばれた男の物語 〜裏切り者は処すべきだ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く