プレイヤーキラーと呼ばれた男の物語 〜裏切り者は処すべきだ〜

ノベルバユーザー319083

プロローグ

これから話すのは、復讐だけに
人生をかけることになった、ある男の物語

ーーーー「グシャ!」
大男の斬り込まれた首元から大量の血が溢れ出す。

「これで87人目」

俺は男の死を確認すると素っ気なく呟いた。
 後、何人殺ればいいんだっけ?
そんなことを思いつつ俺はポケットから
ブラックリストを、取り出し
目の前の死体の男の写真に×を付けた

「ふぅ、やっと、5分の1か〜」

そんなことを呟きながら
俺は、夜の森へと入っていったーー   


俺は朝一で王都に向かい新聞を買う
新聞には、
昨日の大男が、何者かによって殺された。
と書いてある。
そんな新聞を投げ捨てて
俺の、正体を知ってる唯一の人間の、鍛冶屋に向かった。

「おっ!アンちゃんまたやっちまったのかい! ガハハハ!」

笑い事ではないだろ。と思いつつも俺は

「防具の...いゃ、武器が欲しいんだが
    金貨5枚で最高の武器を作って欲しいん だが...」

俺がそう言うと、鍛冶屋は

「任せときな!プレイヤーキラーさん!」

鍛冶屋が、意気込みと一緒に妙なことを言ったので、聞いてみたところ、、
最近王都では、度々新聞に載る俺のことを
人を殺すもの

『プレイヤーキラー』

と、呼ぶらしい。

鍛冶屋を後にした俺は

「フッ、良いネーミングセンスしてやがる        
   ぜ!」

そう言いながら言いながら、王都を後にしたーーーー



「プレイヤーキラーと呼ばれた男の物語 〜裏切り者は処すべきだ〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 影胸毛

    ありがとうございます!
    これが、初投稿で、緊張しまくってたんですけど、そちらの、作品!読ませてもらいます!(作者)

    0
  • 長谷川壮真

    プレイヤーキラー、とてもかっこいい名前ですね!鍛冶屋さんのキャラクターも個人的に好きです!この後どのような復讐劇が始まるのかとても楽しみです!
    よければ私の作品も読んでくださると嬉しいです!

    2
コメントを書く