狐と狼

琥珀ルナ

2話

ガサガサと狐の少年が出てきた

狐「あ……人間……」

蓮「え?君は誰?」

とお互い困惑していた

狐「僕は黒影丸……お姉ちゃんは?」

蓮「黒影丸か……影丸ちゃんとか呼んでいいか?俺は架蓮だ
よろしく頼む」

影「いいよー僕は蓮お姉ちゃんって呼ぶね??」

蓮「あぁ……影丸ちゃんは何でここに??」

影「お姉ちゃん……ここは僕のお気に入りの場所なんだぁ……」

蓮「影丸ちゃんもかぁ……俺もここはお気に入りなんだ」

影「僕達同じだね??でもどうして今まで会わなかったんだろ??」

蓮「時間まちまちだからなぁ……だからじゃね??」

影「そっかぁ……なるほどーだからお姉ちゃんに会わなかったんだね?」

蓮「だなぁ……なぁ?お願いがあるんだけどいいか?」

影「僕に??なぁに?」

蓮「とりあえず隣に座ってくれないか?」

と言うと影丸は座った

「狐と狼」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く