狐と狼

琥珀ルナ

1話

初めまして俺は架蓮(かれん)だ

俺って言ってるけどれっきとした女だ

まぁ仕草や口調は男っぽいけど(笑)

俺にはアクセサリーがいっぱいついてる

けどこれは外したり壊したりしたら大変
な事になるんだ 

だから壊したりは外したり出来ないだから俺は修理をしながら使ってる

え?修理の仕方??それは本能がわかるみたいでその通りにしてるだけだ

それで壊れないようにしてる

ん?今??何処に行ってるかって?この先にある湖だ

そこは綺麗なとこなんだ〜だから今日もそこへ行くんだ

あそこに行けば嫌な事も何もかも忘れれるからだから行くんだ

ガサガサと茂みをかき分ける

蓮「ふぅ……やっぱ綺麗なとこだなぁ」

と湖につき当たりを見回した

そしていつもの木に寄り掛かり湖を眺めていた

「狐と狼」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ハルト

    題名どっから似たような名前

    1
コメントを書く