話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

仮面ライダーエレメント

cicada

第一話「俺、転生!」その一

俺の名前は木村龍太郎、仮面ライダーだ。
今日も怪人を倒すために出動していた。

「アニエル、怪人はどこだ?」

アニエルは科学技術によって合成された人工精霊で、ライダーシステムの要であり戦闘のサポートもしてくれる相棒だ。

「おかしいわねぇ、さっきまで魔力反応があったのにぃ。」

「怪人もそろそろ俺たちには勝てないってわかって帰ったんじゃないか?」

怪人は『ゲート』をくぐって異世界からやってくる。怪人は未知のエネルギー波動『魔力』を有しており、アニエルはこれを感知できる。

「まあ出現するたびに強くなって新しい能力つけてくるわけだから魔力を隠蔽できるやつが来てたりしてな。」
「そんなのが出たら対処しようがない
じゃ、、、「キャアーー!!」」
「「!!」」

俺たちは即座に悲鳴の方へ向かった。すると、まさに半透明な怪人が女性に襲いかかっている途中だった。

「まさか本当にステルスタイプかよ!アニエル!変身だ!」

俺はそう言ってドライバーを装着する。ドライバーの中心には大きな魔石がはまっており、両手をあてると大量の魔力が流れ込んでくる。
取り込んだ魔力に俺の魂と融合しているアニエルが属性を与える。
敵の属性はおそらく隠蔽や幻術などをつかさどる『闇』、ならば付与するべき属性は『光』。
体に満ちた白い魔力をドライバーに再び流し込むと周囲に光が溢れ、そこには光の騎士がいた。

「貴様、何者だ!」

「俺は、いや俺たちは
 仮面ライダーエレメントだ!」

「仮面ライダーエレメント」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 黒影ハル

    かっこいいですね~もしかしてモデルってウィザードとダブルから来てますか?
    間違ってたらすみません…でも、面白かったです!頑張ってください

    2
コメントを書く