転生したら天使でした。

大橋 祐

説明はまだまだ長く……

 つまりどういうことだ?
 世界観が違うのは当たり前なんじゃ?

「えっと、それは平行世界だからって理由じゃ片付かないんですか?」

「まあ、そうだね。確かにそうだ。でも、平行世界あっちの理論を用いると平行世界は存在しないということが結論として出された」

「え……、それって……」

「うん。これこそが決定的な証拠むじゅんだった。それでわたしたちが出した結論は『同世界線上における時空矛盾の反映は別世界線上に顕現する』と。以来、わたしたちそういった矛盾の法則や変化を探るべくあらゆる世界線にちょっかいを出し始めた。まあ、これが君たちに知られる要因の一つだね」

 おお、確かにあの神様には関係ないしいろいろ納得出来る点も多い。

「よしよし。まあ、いい感じにいろんなことを説明できたね。じゃあ、本題だ」

「はい」

「君がここに来た理由。まあそれはズバリわたしたちの不手際だね」

「俺の魂が裁かれなかった……てやつですか」

「うん。ごめんなさいね。もう天人として過ごすしかないんだけど……」

「そこは納得したのでもう大丈夫です。ところで俺の家とかってどうなるんですか? 出生とか……」

「わたしと同居。義理の弟設定でね」

 は?
 いや。

「ええええええええええええええええええ」

 またなんかとんでもないことをのたまいやがった。

「君を拾ったって事にすれば違和感ないしね」

「いやいや、でも、いきなりそんな」

「わたしじゃ……いや……?」

 なんだその可愛らしく顔の前で両手をつけて首をかしげるポーズはこんな美少女天使様にそんなこといわれたら承諾するしかないじゃんか。
 あれ? 待てよ。
 俺のこれ勝ち組じゃね?
 リア充じゃね?

「いや、そんな全然! 俺で良ければ!」

 自分でも不思議なくらい吹っ切れ元気になった俺は語気が強くなっていた。

「ありがと。じゃあ、何か質問ある?」

 そういえばと俺はとあることを思い出した。

「君の名前は?」

 美少女天使は口をぽかんと一瞬だけ開けすぐにクススと可愛らしく笑うと天使の笑顔で言った。


癒しを統べる者ラファエル。好きな呼び方で呼んでね」

「転生したら天使でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く