諸刃の剣

郁乃

プロローグ

いくら不死身と言えど、痛いものは痛い。
転べば血が流れるし、息を止めれば苦しい。
意識だって失う。
ただ、死なないだけ。
体をボロボロにされても__何をされたって、1日かけて再成する。
より一層の強さを伴いながら。

『リーフ班、目的を追って。ゲートは200m先の路地に開かれた。おじけづいて回り道するのは厳禁。戦闘準備、点呼』
「おじけづいたりなんかしないわよ馬鹿」
『点呼』
「相変わらず無感情ね」
『点呼』
「機械かっての......リーフ班班長リーフ。ガンナーS2」
「リーフ班リト。ガンナーM1」
「リーフ班アルファ。ガンナーS2」
「リーフ班ヒース。ガンナーL1兼S1」
『確認した。では___』
「あ!目的確認!!」

『___では、戦闘開始』


「諸刃の剣」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く