クラス転生…ではなく召喚!?

ノベルバユーザー310832

~~王城で~~

こうして俺はスミレと身を重ねた。

【王城】
(水神)はぁ~やることなくて暇だなぁ……

(メイド)勇者様、夕食でございます。 [ニコッ]


わ、笑った!?まあ、いいか。





【食堂】

(クラス一同)いただきます。

(王)イタダキマスとはなんだ?

(水神)いただきますは食材を作ってくれた人、もしくはその野菜、動物に感謝を言う言葉です。

なるほど。



理解してくれたようだ。

ん?なんだこのスープ?変なの入ってるぞ?

【神眼】

[ミラリル草]

見た目は白菜に似ていますが猛毒であり食べれば即死レベルの毒を含んでいます。


っな!?

(水神)メイドさ~ん。

(メイド)ひ、ひゃい!

ん?なんか反応おかしいぞ?

まあいいや。

(水神)これ猛毒のミラリル草ですよね?

(メイド)え…………いや、その…あの。

(水神)すいません!用事が出来たので先に帰ります!





【自室】

(水神)で、これはどういう事?

(メイド)はい、確かに私が………やりました。


ついでに鑑定しとくか。


ミルル(下級魔族)

体力-23
攻撃力-36
防御力-13
【スキル】
命乞い(本気)

土下座

奉仕(未解放スキル)


(ミル)うぐっ…どうじで…こごまでいっじょうけんめい生きてヒックきたのにぃ!

こ、ろされるなんて…イヤァァァ!!
(水神)辛かったよね。よしよし

(ミルル)こ、殺さないんですか?私、魔族ですよ?

はっきり言って美貌が台無しだ。

(水神)あぁ!殺す気も無いし魔族って事をばらす気もない。

(ミルル)うっぐ……

泣いていいんだよ?

(ミルル)うわぁん!つらがっだよぉ!!!おかあさぁーん!!おとうざーん!!ううう!!

もう嫌だぁぁ!!
  もう耐えられないよぉぉ!!!

よしよし

俺にはこうするしか無かった。

【三十分後】

落ち着いたか?

(ミルル)うn…はい。

(水神)タメ語でいいよ。

(ミルル)はi…うん!



(ミルル)そういえば竜徒さんってHな事に興味、あります?

(水神)あるっちゃあるけど浮気になるからなぁ。

(ミルル)相手、もう居たんですか。

(水神)でもミルルの事も好きだよ。
あとタメ語で良いって。

あ…すいません癖でして

(水神)まあ良いけどさ…



【夜】んん…ねみぃ…トイレ行くか。

嫌!変態!初めては竜徒君に捧げるって決めてるの!!

ダマレッ!この糞魔族め!!

今日だって死にかけたんだぞ!

この!奴隷にしてやる!この!

キャ!やめて!誰かたすけ…ムグムグ!?


(水神)誰だかしらねぇが手を出すやつは許さねぇ。

ドンドンドン

俺は走った。すぐについたそこでば


(ミルル)助けっ!ムグムグ!!

(水神)この糞野郎ども。

状況を説明すると三人の糞勇者?がミルルを囲んでチンコを露出しながら奉仕を強要していた。
幸い犯行前のようだ。

(モブ糞勇者ども)

おいおい!見られたからには殺すしかねぇなぁ?

(水神)安心しろ…地獄に落ちたような体験をさせてやる。

無限牢獄!

無限牢獄は相手を使用者が解除というまで永遠に業火にやかれ続ける。
なお
何をしても許可が降りない限り出られない。

(水神)大丈夫だったか?

ほれ、とりあえずこれ着ろ。
(ミルル)ありがとう!竜徒君![ニコッ]

かわいい…!



閲覧ありがとうございました。

「クラス転生…ではなく召喚!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー385074

    とても続きが気になる

    0
  • キリン

    当たり前だ!が意味わからん(-_-)

    0
コメントを書く