クラス転生…ではなく召喚!?

ノベルバユーザー310832

デート

俺には彼女が出来た。
そのせいで俺を殺そうとする輩もいるがボコしてる。
(山崎)ねぇねぇ。買い物いこうよ!
(水神)昨日いっただろ…
そう 俺は山崎に悩まされている。
(水神)仕方ないなぁ。
しぶしぶ行くことになった。


(山崎)ねぇ!あの 唐揚げ って奴買ってよぉ~。
唐揚げがあるのか…
(山崎)ねぇ?
(水神)あ、ああ分かってるって…うん
(水神)おじさん。これ二袋お願い。
(おじさん)あいよっ!


(パクパク
(山崎)おいひいえ(美味しいね)
(水神)飲み込んでから言えw
(山崎)はーい…
(山崎)あ!あの熊さんの人形かわいい!買って買って!
(水神)ならその代わりに何を差し出せる?
(山崎)私の…体?
(水神)ブッ!!
ふいちまったじゃねぇか!w
(山崎)本気だよ?
(水神)はぁ 良いよ。買ってあげる。


オッッッッッモ
マジくそ重い
何故ならベリージャム20個。
肉5㌔ 野菜3㌔ 人形に魔鉱石20㌔もあるのだから…
マジ腕がミシミシ言ってる。
この世界は前の世界より10倍重く感じる。だから1㌔でも10㌔分。
つまり…わかるよね?
(水神)ふあぁ…ムニャムニャ
(山崎)今日は寝かせないよ?
(水神)いやマジ勘弁してください。
(山崎)ヤるよ?
(水神)えっ…


スミレの中が気持ちよすぎて出まくった。
だがそのせいかめちゃくちゃダルい。

(次回予告)
急に登録!?ギルドでハチャメチャ大暴れ。

「クラス転生…ではなく召喚!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く