山育ちの冒険者  この都会(まち)が快適なので旅には出ません

みなかみしょう

1.旅立ち その1

 人生の転機とは、突然訪れるものだ。

 人里離れた山中にある一軒の家。
 その室内で少年はそんな言葉をぼんやり思い浮かべていた。
 
 彼の名はステル。
 声さえ発しなければ美しい少女のような顔立ちが目を引く少年である。
 頭の後ろでまとめた黒髪を解けば、ますます少女めいて見えるだろう。
 しかし、着込んだ服でわかりにくいが、その肉体は十五歳とは思えないほど鍛え上げられている。

 彼は今、暖炉の火が揺れる室内で、机を挟んで女性と話していた。

 美しい女性である。年の頃は20代の中頃くらいだろうか。
 美術品として発注したかのように整った顔に背中まで伸びた金色の髪が波打っている。
 天井から照らす灯りによって、ときおり金髪が虹色に輝いた。
 魔法使いの才覚の証である。
 魔力の扱いに秀でたものは青や赤など得意な属性の色が髪に出るのだ。
 虹色の輝きは全属性。その美貌のみならず、彼女がただもので無いことを表す特徴だ。

 彼女の名はターラ。ステルの母であり、この家の主であり、山の狩人である。 
 
 エルキャスト王国の北部辺境の山奥の狩人。
 それがこの親子の生業となっている。 
 山の狩人といっても二人の暮らし向きはそう悪くない。
 
 その証拠に、二人の住居は建築場所に似合わず立派な作りをしている。
 里から歩いて半日はかかる山中だ、家の規模は小さな山小屋になってもおかしくない。
 にもかかわらず、この家は人里の下手な家よりも大きかった。
 丸太でもって大きく組まれており、二階建てで窓には硝子まで入っている。
 屋根から突き出た煙突からは煙が立ち上り、窓からは暖かな光が漏れていた。

 そんな寒さとは無縁の室内で親子は真面目な話をしていた。
 というか、夕食を終えたら母が急に改まった口調で話し始めたのである。
 
 内容は、端的に言ってステルの独り立ちだった。

「ステル、お前ももうすぐ十五歳になりますね」

 母の穏やかで聞き取り安い声が室内に響く。 

「はい。この歳まで生きてこれたのは、母さんのおかげです」
 
 外見が全く似通っていないこの親子に血の繋がりは無い。
 しかし、血の繋がりがどれだけ重要だろうか。
 彼らは非常に良い親子であることは、里でもよく知られているほどだった。

「……親が子を育てるのは当然のことです。さて、知っていると思いますが、十五歳というのはこの辺りでは大人として扱われる年齢です」
「はい。承知しています」

 ステルは緊張していた。いつかこのような日が来るのではないかと思っていたが……。
 
 まさか、それが今日だとは思いもよらなかったが。
 
 眼の前の母の表情は真剣そのもの、まるで八歳の時、狩りの仕方を教え始めると宣言した時のようだ。

「……この家を出なさい」
「えっと、それは……僕が邪魔だということでしょうか」

 唐突な勘当発言に驚きよりも先に疑問が出た。

「そんなわけがないでしょう! いや、母の言葉足らずでしたね。ちゃんと説明します」

 慌てて否定したターラは、カップに入った茶を飲んで、一息整えてから話を続ける。

「母はお前にこの山以外の場所での生活をして欲しいのです。大人といってもまだ十五。人生は長い、残りの生をこの山で過ごすと決めるには早すぎる……」
「そんな、僕はここの生活が嫌いなわけでは……」

 反論しようとするステルを、ターラは手で制した。
 とにかく話を最後まで聞けということだ。
 ステルは姿勢を整え、母の言葉を待つ。

「お前は先日、黒い魔物を退治しましたね?」
「……はい。手強かったです」

 一週間前、ステルは全身を漆黒で塗りつぶしたような謎の魔物と戦った。
 四足の大型獣で、どれだけ攻撃を加えても倒れない驚くべき生命力を持つ怪物だった。
 ステルは黒い魔物と三日間戦いを繰り広げ、最後は大きな岩を落とす罠で押しつぶしてからトドメを刺した。
 岩に身体の半分を押しつぶしてなお息があるその生命力には戦慄しつつも、何とか退治したのだ。

「あれを倒せるならば、お前の実力に心配はありません。母は杞憂なく送り出せます」
「そういうものですか」

 そういうものです、と母は厳かに頷いた。

「アコーラ市に行ったことを憶えていますか?」
「はい。とても賑やかで、面白いところでした」

 アコーラ市というのは、このエルキャスト王国で一番大きな街の名だ。
 二年ほど前に社会勉強にとターラに連れられて訪れたことがある。
 五十万を超える人口、山奥では見ることの無い商売、商品の数々。
 短いが実に刺激的な体験で、ステルの記憶にも強く刻み込まれている。

「前は訪れませんでしたが、あの街には私の古い知り合いがいます。アーティカという女性で、大きな屋敷に住んでいます。そこに住み込めるように話をつけておきました」
「留守にしていた時に、そんなことをしていたんですね」

 この一年間、ターラは頻繁に出かけていた。
 きっと、この日の準備していたのだ。
 母は用意を怠るような人物ではない。
 それはつまり、ステルの旅立ちは拒否できないくらい強い意志で決められているということでもあった。

「これはきっとお前の人生に必要なこと。ステル、私の息子。お前はあの大都会で暮らし、自分の生きる道を見つけるのです」
「僕は狩人の子は狩人になるのだと思っていました……」

 麓の村の人々などを見る限り、それがこの辺りでは普通の人生だ。

「勿論、その道もあります。お前が世の中を見て、それがいいと決めたなら、私もそれで良いと思いますよ」
「アコーラ市のような大都会で、僕に働くところなどあるんでしょうか?」

 率直な疑問を口にする。
 自分は山中で狩りをするくらいしか能の無い男だ。母だって、それは十分わかっているだろうに。

「さしあたって、冒険者になるといいでしょう」
「冒険者。たまに魔物退治に来る人たちですよね。都会に魔物が?」
「冒険者の仕事は魔物退治だけではありませんよ。未知の土地の探索、貴重な鉱物や植物の採取、遺跡荒し。聞くところによると、都会の冒険者は何でも屋といったところのようです」
「ちょっと危険そうですね……」

 あまり意識したことはなかったが、大変な仕事をしている人たちだったようだ。
 だが、母の言葉に少しだけ気楽になった。
 自分でも魔物退治と植物の採取くらいなら出来そうに思えたからである。

「勿論、危険もあります。とはいえ魔導具のおかげで昔ほどではないそうですよ?」
「魔導具のおかげで?」

 そう言って、ステルは部屋の照明を見た。
 天井には球状の光を生み出す、台形の魔導具が取り付けられている。
 魔導具。魔力を流すことで特定の現象を生み出す魔導器と、魔力を貯める機構である魔集石を組み合わせて作られた道具だ。

 これによって魔法は一部の人々だけが使える特殊な技能から、多くの人に恩恵を与える技術へと生まれ変わった。
 ステルの家にすら、光を生み出す魔導具、水を生み出す魔導具などが備え付けられている。
 麓の村に行けば長期保存用の倉や街灯など、工場で生産された品を見ることが出来る。
 魔導具が生まれて数十年。山奥の村にすら行き渡り、生活を様変わりさせている。

「魔導具が生まれて以来、世の中は大きく変わっています。ステルも知っているでしょう?」
「お年寄りの昔話に驚くことがあります」

 年寄りから聞く魔導具の無い時代の話は軽く絶望を覚えるくらい不便だ。
 夜は暗く、冬は寒い。街道は未整備で、隣村まで一日かかる。今では考えられない話だ。

「魔導具による世の中の変化を魔導革命と呼ぶそうです。そして、冒険者も魔導具の恩恵を大きく受けた職業の一つなのですよ」
「装備が良くなったからですか?」

 ステルの問いかけに、ターラは笑みを浮かべながら頷いた。

「そうです。強力な魔導具を身につけることによって、人間はこれまで探索できなかった秘境や遺跡に立ち入ることが可能になったのです。そして、富と名声を得る冒険者が増え、昔以上に冒険者も仕事も増えたのです」

 人によっては大冒険時代と呼ぶそうですよ、とターラは付け加えた。
 どうやら、山奥で暮らしている間に時代は大きく動いていたらしい。

「でも母さん、僕は富と名声はそれほど興味はないんですが」
「ステル。お前のそういう考え方は好ましい物だと思います。私も富と名声を追いかけろとは言いません。冒険者が世の中を見るのにちょうど良い職業だと思ったのです」
「確かに、山での生き方しか知らない僕でも、魔物退治くらいなら出来ますし……」

 自分の提案を息子が受け入れつつあるのが嬉しかったのか、ターラは満足そうに頷いた。

「ステル。私の大切な息子よ。三日後、麓の村に馬車の定期便が来ます。それに乗ってアコーラ市に向かうのです」
「……わかりました。母さん」

 唐突な人生の変わり目に戸惑いつつも、ステルは何とか首を縦に振った。
 
「お前の実力なら、あっという間に有名な冒険者になって別の地域に旅立ってしまうでしょうね」

 そんな予言めいた発言をした後、話は終わりとばかりにターラは席を立った。
 自室へ歩き去る母の優美な後ろ姿を眺めながら、ステルはぼんやりとした気分で呟いた。

「都会の生活かぁ……」

 突然もたらされた新しい生活。
 胸中には多くの不安と、年相応の好奇心が渦巻き始めていた。

「山育ちの冒険者  この都会(まち)が快適なので旅には出ません」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ネコの肉球

    いい感じです。頑張って下さい!

    1
コメントを書く