話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

詩集 ツキアカリ

四ノ宮雪子

初夏


風鈴の音色がそよ風に煽られ空に舞う

それと同時に夏の始まりを告げる蝉の声はしんと、消え去った

束の間の休息、ひと時の静寂、静止的空間

滴る汗と氷菓子は私のシャツにシミとなり再び、夏が動き出す

「詩集 ツキアカリ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く