話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

詩集 ツキアカリ

四ノ宮雪子

運命

 
空をかける天の川

藍色のキャンパスはもう、真っ白なミルクで汚れている

私の頰を伝う涙たちは

夢となって、静かに消える

風が、星が、月明かりが、

どうして私を生かすのか

あぁ、そうか、そうなんだね

私は神の子、女神の生まれ変わり

誰もいないこの雲の上で

今宵あなたと踊り明かそう

でも、どうして、どうしてなの、

生かすも殺すも全部私次第なのに

私をつないだこの足かせは

この地に喰いつき離れないの、

「詩集 ツキアカリ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く