話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

詩集 ツキアカリ

四ノ宮雪子


ウォンウォンウォンと音叉の音が鳴る

僕の耳を撫でたり払ったりしながら

そして僕の耳から僕の脳の奥へと波が伝わる

永遠と続くような波を僕は永遠に感じ続けたい

頭に響く音叉の音

どことない音だけど僕には響き続ける

なんてことない音だけど僕には語りかけ続ける

いつかの記憶を呼び覚ますかのように

波は僕の頭をかき回す

ぐるぐるぐると回っては
 
しゅゅんと落ち着いていき

また、ウォンウォンウォンと響けば

中心からゆっくり静まっていく

僕が流す涙をもぶるぶると震えさせ

早く落としてしまう

頼むから泣くときぐらいは静かに泣かせてくれ

そういっても音は聞こえ続ける

逃げようのない音を受け入れるのは勇気がいる

そんな勇気のない僕は永遠に音の響きを聞き続けるだろう

「詩集 ツキアカリ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く