話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

詩集 ツキアカリ

四ノ宮雪子

andante


音のように揺れる気持ち

揺れるたびに光っていく

上から降ってくるまばゆい何か

何かが僕らを奏でさせる

その何かで照らしてくれ

僕らのいく道帰る道を

その何かで照らしてくれ

僕らの前へと進む気持ちを

速足になってもテンポが狂ってもいい

歩くような速さでいこう

自分のリズムをもって

心の中でとなえよう

ワントゥースリー、ワントゥースリー

焦ってもいい

最後に歩けば

とてつもなく遅れてもいい

最後に揃えば

大切なのはアンダンテ

「詩集 ツキアカリ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く