話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

詩集 ツキアカリ

四ノ宮雪子


蛍の命は水のよう

サラサラと美しく光りを返し流れては

やがて漫々たる青い海原に出るだろう

その間、蛍は何を思う

ある時は大きく勇ましい鷹に、

ある時は小さく綺麗な海牛に

蛍はたくさんの夢を見た

夢を見てはさめて、夢を見てはさめて、

そして自分の命の限界に気づく

楽しい夢をたくさん見れた蛍は後悔しない

消えゆく燐火をお尻に灯しながら思う

でも蛍は満足しない

まだ、死にたくない

いつか、いつの日か

いつの日か大きな鷹のように

いつの日か綺麗な海牛のように

こうして蛍は叶わぬ願いを空に描いて

清らかで冷たい水の上で死にましたとさ

「詩集 ツキアカリ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く