話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

七大罪のバトルロワイヤル〜強欲として欲望のままに奪い尽くす〜

ぼろっこりー

ステータス



生後半年。
俺は自身のステータスを見ていた。
話す事ができるようになったわけでは無い。
何故か、開いたのである。


自己詳細開示ステータスオープンの存在を知ってからは、毎日のように頭の中で唱えるという暇つぶしを行なっていた。
勿論、無駄な行為だと思っていた上で、である。

当たるはずないと思っている宝くじを買ってみたりしちゃう心境と同じで、出ればいいな、程度の感覚だ。

幸い、時間を持て余しまくっていたので、暇つぶしで行なっていた。

そんなある日、いつものように脳内で自己詳細開示ステータスオープンと唱えていたら、何故か開いたのだ。


そりゃ驚く。
さっきの例えで言えば、宝くじが当たったようなもんだ。まあ、利益のデカさが格段と違うが…

そんなわけで開いたステータスを見たら、何故開いたか、という理由が明らかになった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マモン・エリュー       0歳       人族

特殊能力ユニークスキル

    強欲

・魂採   殺害した相手の魂を収集できる。
・魂界   生物以外の物を収納可能な異空間
              を作れる。魂も収納可。
・魂習   魂に付属しているスキルを習得で
              きる。その際、その魂消滅。
・魂変   魂を魔力に変換できる。


    強欲之魔王

・物欲増加   物欲を増加させる。
・闘争本能   戦闘スキル、称号の取得難度
                     低下。
・眷属生成   鬼系、狐系、鼠系、猫系の眷
                     属を魔力を消費し召喚。
・進化   時が来れば進化する。


能力スキル

・無詠唱   詠唱を必要としない魔法の魔力
                  操作に補正
・魔導   魔法を使う際に補正
・思考速度上昇   思考速度を上げる
・努力家   スキル習得難度を少し低下
・礼節   品のある行動を取れる

称号

・強欲   神から強欲と認められた者。強
              欲、強欲之魔王取得
・魔導師   詠唱をせずに魔法を使おうとし
                  続けた者。無詠唱、魔導取得
・継続   同じ事をし続けた者。努力家取得
・貴族   王から貴族と認められた血をひく
              者。礼節取得

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


これが俺のステータス。
どうやら自己詳細開示ステータスオープンは魔法に分類されるようで、それを半年間し続けた結果、魔導師という称号を得られ、連動して無詠唱を入手。それによって自己詳細開示ステータスオープンを無詠唱で使えた、というわけだ。

魔導師とかいう大層な名前している癖に、随分と楽に入手出来るものである。

そんなことより重要なのは、強欲という文字。明らかに異彩を放っている。
厄介ごとの匂いしかしない。

しかしその分メリットは大きいようで、明らかに強力そうな能力ばかりだ。
特に魂習がやばい。殺した分だけスキルが増えていくという明らかなチート。
問題点は殺さないといけないことぐらい。

それに、殺さなくても魂界は普通に使えるし、厄介ごとになりそうな分、メリットも大きいようだ。

それ以外に気になるのはやはり強欲之魔王だろうか。
魔王という部分から、またもや厄介ごとの匂いを漂わせつつ、物欲増加というデメリットっぽい能力を内包している。

その上、時が来れば進化する、とかいう謎の能力。今の所理解できるメリットは、闘争本能と眷属生成のみ。

その二つだけでも十分なメリットだが、分からないことがある以上、怖いっちゃ怖い。まあ、進化である以上、悪い方向には転ばないだろうけども。

それと努力家もなかなか使える。

他は特にこれと言ったものはない。
あれば便利、その程度だろう。


とりあえず、検証に入っていこうか。


「七大罪のバトルロワイヤル〜強欲として欲望のままに奪い尽くす〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く