ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

061決着

「何だ?」

 俺は胸の痛みに耐えながら、壁に手をついて立ち上がった。足音――この音は足音だ。それも、数十人くらいの。

 額に四つ目を開き、鋭い牙を生やした魔神ワルイは、興味深そうに耳をすましている。やがて無数のたいまつの光が大部屋の中に飛び込んできた。

「カイザ王子様! カレイド様! ヒロ! 助けに来たわよ!」

 それは魔王討伐隊の面々だった。アクジョがいる。ウーザイもいる。広院もいる。イナーズもいる。ケルもいる。カパラウ、アヤツル、シトメール、ナオスらもいる。広い空間に湧き出てきた彼らは、ソーキンの死体や倒れているカレイド、そしてまがまがしい悪魔の姿に事態を察したようだ。武器を構えてワルイに対峙する。

 カイザ王子は両膝をついたまま、彼らに対し怒り狂った。

「なぜここへ来た! 地上で待っていろと命じたはずだろう! ……大体、どうやってここへ?」

 イナーズが答える。

「王子殿下よ、貴方あなた様が日没までに戻らなかったので、全員の意志でダンジョン入りを決断しました。どうせ魔物に襲われるなら、地上でも地下でも一緒です。殿下が迷わぬように壁へ刻み込んだ丸印と、魔物たちの死骸で、道には迷いませんでした。……どうやら苦戦のご様子」

 汗をかきながら、彼は微笑んで剣を抜いた。

「どうせなら共に戦い、共に死にましょう。それが我々の願いです」

「……まったく」

 カイザ王子はよろよろと立ち上がった。剣を握り締める。もはや怒ってはいなかった。

「仕方あるまい。いさぎよく共に散ろう」

 フラフラと怪物に正対する。

 その一方で、俺はアクジョに泣きつかれていた。

「あなた怪我してるじゃない! ああ、何てこと! 『治癒の法術』は使えないし……。馬鹿馬鹿、死んだりしないでよね!」

 俺は苦笑した。と、そのとき彼女の首飾りに気がつく。

「それってマンプク王国のゲップ国王の首飾りじゃないか。もらったのか?」

「あんな枯れ枝みたいな老人よりか、私に付けられた方がネックレスも喜ぶってものよ。……って、そんな場合じゃないでしょ! ねえ、痛むの?」

 俺はひらめくものがあった。激痛をこらえ、アクジョから首飾りを取り上げる。

「きゃっ! 何すんのよ!」

 俺はそれを手にすると、床に落ちているランタンを拾った。カイザ王子のそばに寄って耳打ちする。

「王子、勝てる機会があります。どうにか俺を魔物のかたわらまで近づけさせてください」

 少し相談して、計画は決まった。

 一方、この事態をつまらなさそうに眺めていた魔神は、取り囲まれても一向気にしなかった。殺す価値もない愚者たちと、思い切り見下しているようだ。

「勇者カイザよ、さあかかって来い。仲間たちを殺されたくなければな」

 斬られても再生できると知って、ワルイは完全に余裕をかましていた。カイザ王子が剣を振り、衝撃波を放つ。

「馬鹿め、通じないということがまだ分からぬと――」

 だが元魔王は口を閉ざした。王子が彼を狙わず、その周りの壁や床、天井を集中的に破壊し始めたと知ったからだ。粉塵ふんじんが舞い、視界がぼやける。

 今だ。俺は歯を食いしばってダッシュした。一気に迷宮の主との距離を縮めていく。右手に首飾り、左手にランタンを持って。

 かつて国王ゲップは、広院の体に魂を戻す際こう言った。

『娘の首にかけて光を近づけるのだ。後は揺り起こせば目が覚める……。逆に魂を取る時は首にかけず、胸に押し当てて光を接近させれば良い』

 そう、俺は魔神の魂を、このネックレスで取ろうと考えたのだ。煙舞い上がる中、奴の姿を求めて突っ走る。

 だが――

「ふんっ!」

 ワルイが突風を巻き起こした。俺はその場に踏みとどまったが、煙幕の方は完全に飛ばされてしまう。敵と俺は1メートルもない距離で互いの姿を確認した。魔神は明敏めいびんにも俺たちの狙いに気づいたようだ。

「ほう、その手があったか。危ない危ない。……死ねいっ!」

 極限の恐怖で動けない俺に、魔物の王は人差し指を突きつけた。今度こそ終わりか――

 だがその瞬間、魔神の胸に剣が突き立った。

「ぐふっ!」

 斜め後ろを振り返ると、勇者カレイドが自身の武器を投げつけてきたのだった。

 俺は鮮血のシャワーを浴びながら、ワルイに刺さる剣の横に、首飾りを押し付けた。

「喰らえっ!」

 ランタンの光を押し当てる。ネックレスの宝石が発光した。そして、数秒が過ぎた。

 駄目だったのか? 俺は失敗したのか――?

 その心配は杞憂きゆうに終わった。魔神はその6つの瞳全てを閉ざし、ゆっくりと倒れ伏したのだ。

 や、やった。勝った……!

「勝ったぞっ!」

 思わず振り返って首飾りを掲げる。胸が痛んですぐやめたが、周りの仲間たちには伝わったらしい。歓声が爆発して、剣の切っ先や拳が天をついた。

「ヒロっ!」

 アクジョが飛びつくように抱きついてきた。胸骨が痛いんだっての……と思っていたら。

「んっ?」

 彼女は俺の唇を奪っていた。情熱的な、大人のキスだ。俺は初めての行為にしばしうっとりとなって、アクジョの背中に腕を回した。

 イナーズがおろおろする声が聞こえる。

「き、君たち、そんな趣味があったのかい? 女同士でなんて……」



 魔王討伐隊の一行は、来た道を逆戻りした。カレイドは重傷で、ウーザイに背負われての移動となる。広院はカイザ王子に寄りそい、もう夫婦同然のあうんの呼吸だった。魔王亡き今、魔物たちはすっかり大人しくなっている。

 そうして階段を上ること二十数階――

 俺たちは朝日がまぶしい地上に帰還した。俺もカイザ王子も勇者カレイドも、『治癒の法術』ですっかり体を治した。

 俺の傷は、アクジョが治療するといって聞かなかった。何だかすっかり恋人気分だ。

 しかし――

 俺は現実世界へ帰らねばならない。

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く