ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

060勇者対魔神

 魔神はその額に四つの目を開いた。あごをもごもご動かしていたかと思うと、鋭く長い牙が四本生える。その体は完全にワルイのものであり、元勇者エイユの面影はまたたく間に駆逐くちくされていった。

 彼の体から突風が渦を巻いて放出されている。こちらの目が開けられないほどだ。

「ふむ……。ちんの力もだいぶ回復してきたようだな。少し闘気を発しただけでこの地震だ。とはいえ、圧死しても馬鹿馬鹿しい。ちと抑えるかの」

 女神に歯向かいし者は、そう言って竜巻を引っ込めた。途端に揺れがおさまる。一転、辺りは静寂せいじゃくに包まれた。

「ま……おう、さま……」

 ボロ雑巾ぞうきんのようになったソーキンが、いつくばりながら主人を見上げる。俺の『音撃』乱打に、相当なダメージを受けている様子だ。彼はすがるように魔神の服のすそを掴んだ。

 ワルイは汚いものを見るように第一の部下を見下ろした。侮蔑ぶべつの色が濃い。

「歴代の魔王を擁立ようりつしてきた影の存在よ。勇者がここに来るのを食い止められなかった点で、もうお前に用はない」

 側近の顔に向けて人差し指を向けた。額の四つ目が輝く。

「死ぬがいい」

 次の瞬間、人差し指の爪が伸びて、ソーキンの頭部を貫いた。食らった側は全身を大きくわななかせると、力が抜けて、沈むように倒れ伏した。死んでしまったのだ。

 俺は動悸どうきしずめようと深呼吸した後、10メートルほどの距離を置いて、ワルイと対峙した。

「部下を殺すなんて最低な奴だな。ソーキンはあんなにつくしていたのに」

「愚か者はいらぬ、ただそれだけのこと。……朕は女神に受けた傷もえつつある。もう少し経って完全に復活したら、この『ブレードパラダイス』とかいう世界から抜け出して、あやつらに復讐するのだ。だがその前に、まずは天敵であるおぬしらを殺すとしようか」

 カイザ王子は利き腕の肘を折られたものの、先程ソーキンに蹴り飛ばされた剣を拾い終えたところだ。勇者カレイドも同様に、態勢を立て直して俺の横に立つ。ただ魔王の側近に打撃を受けた痛手は、この最深層では治しようもない――神の技である『治癒の法術』は使えないからだ。もし使えていたら、2人ともとっくに傷を治療していただろう。

「わっ!」

 俺はいきなり先制打を放った。銀の波がほとばしり、魔神目がけて飛翔する。その数瞬後、敵は叫んだ。

「愚者!」

 金色の波がワルイの口から吐き出される。それは俺のかたまりを打ち砕いて四散させると、更に飛んでこちらの胸元に命中した。

「ぐはっ!」

 俺は胸骨きょうこつの辺りを殴りつけられ、ひとたまりもなく弾き飛ばされる。激甚げきじんな痛みが噴火のように爆発して、気がついた時には仰向けに倒れて転がっていた。

 まさか、怨敵おんてきが同じチート技を使えるなんて……

「ヒロ!」

 勇者2人がのたうち回る俺をかばうように前に立つ。俺は手で胸を押さえ、どうにか首を持ち上げた。

 カレイドが先に魔神へと疾走する。剣を振って真空の刃を飛ばした。だがソーキン同様、それは相手の目前ではねつけられる。やはり、近づいて直接斬撃を与えなければならないようだ。

 もちろんワルイが斬られるのを大人しく待つはずもない。彼はこちらへ腕を水平に持ち上げると、その五指から鋭い爪を槍のように伸ばしてきた。

「ぐふっ!」

 カレイドがうめいて宙に浮き上がる。それで俺にも事態が飲み込めた。王子の第一の忠臣は、魔神の刺突に鎧を貫通され、そのまま持ち上げられたのだ。カイザ王子が叫んだ。

「カレイド!」

 ダンジョンの支配者はくつくつ笑う。

「さすがは伝説の装備。内と外の双方に力場を作って、我が爪が肉体に刺さるのを未然に防いでおる。……ならば、これはどうかな?」

 ワルイが腕を振った。カレイドの体が猛烈もうれつな勢いで壁に叩きつけられる。それは一回では終わらず、左から右へ、右から左へと何度も行なわれた。金属と岩壁が激突する轟音と共に、被害者の真っ赤な血が床に降り注ぐ。

 カイザ王子が衝撃波を見舞った。それは狙いあやまたず、魔神の5本の爪を叩き斬る。カレイドは床に落ちて、ぐったりと仰向けに伸びた。切断された爪が墓標のように刺さったままだった。

 勇者カイザは利き腕が折れているにもかかわらず、もう一方の手に剣のつかを握り締めて、ワルイに躍りかかる。敵はカレイドに対したのと同様に爪を繰り出してきたが、王子は蝶のように宙を舞ってそれをかわした。虚空こくうで一回転しつつ、抜群の当てかんで白刃を振り下ろす。

 元魔王は脳天から裂け、真っ二つになった。血飛沫ちしぶき噴出ふんしゅつし、千切れた体が左右に倒れる。カイザ王子が歓喜の声を上げた。

「や、やった!」

 だが次の瞬間、王子ははね飛ばされていた。横転したワルイの体の右半分が、たちどころに再生して、元どおりの体になって蹴りを見舞ったのだ。切断された左半分はそのまま死んでいる。

 魔神は生え出た左腕と左足を含む左半身をコキコキ鳴らし、まさに悪魔としか言いようのない笑いを浮かべた。

「ほう、どうやら朕の力は思っていたより回復していたようだな。この再生能力! 勇者など恐れるに足らなかったということか」

 もう駄目だ。こんな怪物、どうやって倒せと言うんだ。カレイドは意識がないらしく倒れたままだし、カイザ王子は痛打に血反吐ちへどを吐いている。俺は胸の激痛で声を出すどころではない。

 万事休すか――

 そのときだった。通路の奥の方から、何かが迫ってくる大音だいおんが聴こえてきたのは。

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く