ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

059死闘

 ソーキンの姿が消えた――と思った時にはもう、カイザ王子が吹っ飛ばされ、壁に激突していた。とんでもない速さのショルダータックルだ。

「下がってろ、少年!」

 カレイドが俺をかばうように前に回った。伝説の武器を振り抜き、衝撃波を飛ばす。それは魔人の胴体を上下に分断するはずだった。だが――

「無駄ですよ」

 やはりソーキンの前で光が弾けるだけで、一切ダメージを与えられない。奴は一瞬嘲笑ちょうしょうを浮かべると、こちら目がけて襲いかかってきた。カレイドが対応するように腰を落とし、剣をひらめかせる。

 だが敵手の方があまりにも速過ぎた。ソーキンは跳躍ちょうやくして凶器をかわし、勇者の顔面に膝蹴りを叩き込む。カレイドはこちらに倒れて――は来ない。

「なめるなっ!」

 王子の第一の忠臣ちゅうしんは、両足を踏ん張って俺を押し潰すをこらえた。しかしさすがに兜の隙間を狙われて、ダメージがないわけではないようだ。その証左しょうさに片膝をついてしまう。

 一方魔人は攻撃の反動で後方に舞い、一回転してからふわりと着地した。しなやかで優美な動作だった。俺はそこへ『音撃』を繰り出した。

「くたばれ!」

 銀の波が俺の口からほとばしり、ソーキンの額をとらえ――られない。相手は素早く頭を下げて、俺のかたまりを回避していた。

「うおおっ!」

 その斜め後方からカイザ王子が斬りかかる。さっきの一撃で鼻血を出していたが、闘う意欲はいささかもおとろえていなかった。

 しかし魔王の側近はその攻撃にすら対応する。敏捷びんしょうに両手を床につくと、コンパスで円を描くように、自分の両足でカイザ王子の足を払ったのだ。やられた側は仰向けに倒れ、剣を取り落とした。

「しまった」

 王子が失われた武器を取り戻そうとするより先に、立ち上がったソーキンがそれを蹴り飛ばした。そして伸ばされた勇者カイザの腕を上から思い切り踏みつける。

 ボキリ、と嫌な音が響いたかと思うと、カイザ王子は激痛に絶叫した。

「うああっ!」

 肘の関節を砕かれたのだ。いくら万能な伝説の鎧とはいえ、骨の継ぎ目までは守ってくれなかったようだ。

「まずは1人、これでおしまいです」

 魔人は勇者のむき出しの顔面目がけ、サッカーボールを蹴るようにつま先を振り抜こうとする。だが――

「やめろっ!」

 俺の『音撃』がそれを許さなかった。ソーキンはバックステップして、輝く波動をかわす。避けられた攻撃は奥の壁にぶち当たり、大きなヒビを刻み込んだ。

 それで出来たわずかな時間に、負傷者は腕を押さえつつ体勢を整える。魔人はカイザ王子と俺を等分に眺めた後、薄ら笑いを浮かべた。

「やはりその飛び道具は厄介やっかいですね。殺す順番を決めました。まずはそこの小娘、あなたからです」

 すさまじい殺気が魔王の下僕げぼくの両眼から放たれる。それが自分に向けられていると気づいたとき、俺は圧倒的な恐怖にとらわれた。

「う、うるさい! お前は! くたばれ!」

 動揺し、三発の『音撃』を乱れ撃ちする。だがソーキンは完全に見切っており、回り込むような動きでことごとく避けた。距離が詰まる。

 勇者カレイドがよろめきながらも起き上がり、宿敵の胴を切断しようと剣を振るった――いや、振るおうとした。

 相手は明敏めいびんにもその動きを察知し、手刀てがたなで起こりを叩いたのだ。無精髭ぶしょうひげの男はその衝撃で必殺の武器を取り落とす。次の瞬間どてっ腹を蹴り込まれて、秋風に舞う木の葉のように吹き飛ばされた。

 ソーキンが俺の目の前に立つ。その上背と、まがまがしい板金鎧とが邪悪な威圧感を与えてきた。彼はゆっくりと拳を固める。

「では、死になさい」

 俺はビビって何もできなかった。『音撃』の叫びさえ、圧倒的戦慄せんりつ虜囚りょしゅうと化した今の俺には不可能だった。

 殺される――

 だが、そのときだった。突如とつじょ部屋全体が振動したのは。

「地震?」

 そう口にした魔王第一の部下は、一瞬殺意を忘れた。だが一方の俺は、その刹那せつなの時間で勇気を取り戻す。いや、思い出したと言った方が正しいか。

「わっ!」

 俺は出来る限りの大声で、眼前の敵の顔面目がけて『音撃』を撃ち込んだ。食らったソーキンは後方へぶっ飛び、床へしたたかに背中を打ちつける。そしてそのまま滑って、反対側の壁に衝突して止まった。

「がはっ……!」

 やはり少し威力が低かったか。奴はまだ生きており、鼻血と脂汗あぶらあせを流しながらも上体を起こす。

 他方、地震はまだ続いていた。このダンジョン自体が崩落する可能性が十分に信じられるほど、強い揺れだった。

 しかし今は揺れなど関係ない。こんな好機は滅多にないのだ。俺は体勢を立て直そうとする魔人に対し、一気呵成いっきかせいに『音撃』を浴びせることにした。

「わっ! わっ! わっ! ……」

 際限なく、容赦ようしゃなく。俺はソーキンの息の根が止まるまではと、ひたすら銀の波を叩き込んだ。敵がのたうち回り、その鎧があちこち変形しても、俺は攻撃をやめなかった。

 だが、そのときだった。魔王がひそんでいるという部屋の扉が、突然開いたのだ。

 そこから現れたのは勇者エイユ――現魔王だ。地震がますますひどくなり、立っているのが厳しくなる。俺は攻め手を休め、女武闘家ケルの祖先を眺めた。彼は言った。

「まさか、プレイヤーキャラクターではなく、単なる雑魚ざこキャラを差し向けてくるとはな。てっきり王子が女神の刺客かと疑っておったわ」

 魔王エイユではない、魔神ワルイの姿がそこにあった。

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く