ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

058最深層

 謁見えっけんの間はカイザ王子が外から開けた大穴のおかげで、太陽光が差し込んでいた。だがそこから一歩廊下へ入れば、もう暗黒の領域だ。ランタンは俺、カイザ王子、勇者カレイドそれぞれが一つずつ持っている。その暗闇に対抗するには弱々し過ぎる光が、俺たちの唯一頼りとするものだった。

 一応後で迷わないように、剣で壁に丸印を刻み込む。王子のアイデアだった。

 廊下を進みながら、カイザ王子が背後の俺に尋ねる。それは不意打ちに似ていた。

「ヒロ、君は娘じゃない。男なんだろう?」

 俺は立ち止まってしまった。俺の後ろからカレイドの苦笑が発生する。

「やっぱりそうなんだな、ヒロ少年」

 俺は観念した。バレていたのか。

「いつ頃分かったんですか、王子殿下」

「いや、舞踏会場で最初に君を見たときは、少し惚れてしまうぐらい可愛い娘だと思ったよ。でもこの討伐行に出て、巨大コウモリが現れた翌朝ぐらいに君と話したとき、あれ、ひょっとして男なんじゃないかと思ってね。それからずっと半信半疑だったんだ」

 通路は螺旋らせん階段に続いていた。慎重に下りていく。

「でも、マンプク王国での君の立ち居振る舞いや、アクジョの心配のしようから見て、どうやら間違いないと確信した。……ヒロ、君は男なのに、何で女の格好やしぐさをするんだい? アクジョに命令されたとか?」

 俺は一段一段足で踏みしめながら答えた。

「はい。あいつに面白半分にやらされてるんです。旅も長くなって、表明する時機じきいっしましたし……。何かだましていてすみませんでした」

 今度は背後のカレイドが愉快ゆかいそうに言った。

「賭けは俺の負けですな。王子殿下、お見それしました」

 賭け? カイザ王子が軽くはしゃぐ。

「いや、ヒロが男か女かという内容で、カレイドと賭けをしていたんだ。僕は男、カレイドは女と予想してね。僕の勝ちだ、帰還したら上等なブドウ酒をおごってもらうぞ」

 やれやれ、この人たちは……。

 しかし、いざ男だとバレてみると、女装がたまらなく恥ずかしい。早く男ものに着替えたいところだ。生還したら今度こそアクジョに用意させねば。

 階段が終わると、少し広い空間に出た。と同時に、壁をいずって巨大ムカデが襲いかかってくる。15つい以上の足がうねうねと動き、そのあごが獲物を捕食せんと大口を開けた。

「くだらん!」

 カイザ王子が魔物の頭部を剣の衝撃波で切り裂く。細長い体躯たいく痙攣けいれんし、力を失って床に落ちた。

 だがムカデは一匹だけではなかった。別のそれが宙を舞って飛びかかってくる。俺は前に出ると、大声で『音撃』を放った。空中で先端を粉砕されたそいつは、大きくって腹を見せながら後転する。

 勇者カレイドが更にかかってきた大物を、刃の風圧で細切こまぎれにしてみせた。すさまじい手並みだ。これで都合3匹のムカデが、あっという間に絶命したわけだ。

 俺はランタンを掲げて新手がいないことを確認すると、生理的嫌悪をもよおす虫の死骸に、腕の肌があわだ立つのを感じた。

「ムカデは苦手です……」

「そうでない奴はいねえだろうよ。……カイザ王子殿下、道は3分岐しています。どれにしますか?」



……そんな調子で、俺たちは魔物を倒しながら、より下層へと続く階段をいくたびか下りていった。魔物は地上のそれとは違い、どれも好戦的かつ強力だったが、勇者2人と俺の『音撃』の前にかすり傷一つつけられず倒されていく。

 暗闇の中をか細い明かりで歩んでいくと、時間の経過が分からなくなった。まだ昼のような気もするし、もう夕暮れのような感覚もある。そのことを告げると、カイザ王子は「急ごう」とのみ返してきた。

 ある部屋では狂ったネズミキラーラットに体を這い登られて、恐怖のまま下手なダンスを踊って追い払った。またある部屋では腐った竜ドラゴンゾンビの集団に遭遇そうぐうし、腐肉が舞い散る中声を枯らして『音撃』を連発した。更にある部屋では、中身がらんどうの鎧武者たちに槍で殺されそうになった。

 そうしたいくつかの危機を乗り切り、地上――崖の上からだいぶ深くまで下りていったそのとき。

「来ましたか」

 聞き覚えのある声にたどり着いた。ソーキンだ。

 その大部屋は、今までの岩を掘り抜いた乱雑なそれと違って、直線を基調とした美しいものだった。壁にかけられたたいまつがまぶしい。ここだけ昼間の明かりのようだ。

「もう少し迷い、時間がかかるかと思いましたが……。勇者は地下迷宮の探索にも能力を発揮するようですね」

 緑色の長髪の優男やさおとこは、板金鎧はんきんよろいを身にまとっている。その彫りの深い目は陰気な輝きに満ちていた。

 カイザ王子がランタンを静かに置いた。

「魔王はどこだ? その背後の扉の中か?」

「ええ。あのお方は変わられた。少し前から勇者を異常に気にするようになり、その候補と目されていたカイザ王子、あなたの殺害を私に命じられた。私は給仕きゅうじ間諜かんちょうを使った暗殺、ドラゴンの舞踏会襲撃などを計画し実行しましたが、かえってあなたを本気にさせ、魔王討伐行におもむかせることとなってしまいました……」

「度重なる地震も、やはり魔王の仕業か?」

「そうです。大地が魔王様の魔力に反応したのです。ただ、それはここ最近、あのお方の変貌につられたかのようなものでしたが。今はそこの娘を目の当たりにしてから、最も深い闇――ここの奥の部屋を欲しがられて、引きこもっています。まるで何かに目覚めつつあり、それを恐れるかのように」

 ソーキンがこちらとの距離を詰め始めた。

「あなた方はここで私が仕留めます。いきますよ」

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く