ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

056縮まる距離

 魔王エイユははっきり人相が変わった。獰猛どうもうな獣のごとく牙をむき出し、よだれを垂らして肘かけを掴みしめる。ポニーテールの髪の毛は逆立って、っていたひもがプツリと切れると、黒い長髪が波打った。

 女神シンセの名を知っているのは俺と広院の2人だけのはず。それを口にできたということは、こいつは今、魔神ワルイが表出してきているということになる。

 これが倒すべき敵の首魁しゅかいだというのに、今の俺には何をなすすべもなかった。『音撃』は猿ぐつわで使えないし、両腕は背後できつく縛られている。せいぜい逃げようとして立ち上がったぐらいだ。だがそれも骸骨の召使いたちにはばまれ、すぐ断念せざるを得なくなる。俺はあせりに焦った。

 ソーキンもただ、異常な雰囲気と赤い瞳を発現した主人の姿に呆然としている。彼も魔神ワルイが魔王に取りいているなどとは分からないらしい。

「魔王様。いかがなされましたか?」

 恐々こわごわ近づいた彼は、魔王の振るった腕に殴り飛ばされた。え? あのソーキンに、勇者2人の攻撃を軽々とかわしていたあいつに、打撃を当てた?

 ソーキンは吹っ飛び、何体かの骸骨を巻き添えにしながら壁に叩きつけられた。苦痛に満ちた声を発する。

「ま、魔王様……?」

 魔神ワルイはゆっくりと俺の元に近づいてくる。絶体絶命だ。どうすればいい? だが何も思いつかない。心臓がバクバクと動いて血行が詰まりそうだった。やばい。殺される……!

 と、そのときだった。

 壁の一角がぶち破られ、大小の岩とたいまつが宙を乱舞したのは。

「ヒロ!」

 現れたのは、カイザ王子と勇者カレイドだった。彼らの背後から輝かしい東の日の光が差し込んでくる。それは不快な空気を一掃し、俺に活力を、敵たちに打撃を与えるようだった。

 魔神が腕で目元をかばう。心底嫌そうにえた。

「おのれっ……」

 ソーキン――幾星霜いくせいそうも昔に不老の薬を飲んだ、元魔王なのだろう――も、太陽光を嫌う。覇気のなくなる魔王に近づいて抱き寄せると、奥の扉から逃れ出た。

「おのれ、ソーキン!」

 カイザが剣を振るう。衝撃波が何体もの骸骨たちをいっぺんに粉々とし、扉を直撃したが、すんでのところでとらえられなかったようだ。

「大丈夫だったかい、お嬢ちゃん」

 カレイドが俺の猿ぐつわを外してくれた。両手首を縛っていた紐も切断してくれる。

「あ、ありがとう、カレイド様」

「ケルは?」

「牢に連れていかれました」

「よし、俺と取り戻しに行こうぜ。おうい、カイザ王子殿下! ここは深追いせず、まずは骸骨の魔物どもを全滅させちまってください」

「了解した」

 俺は壁のたいまつを取ると、女武闘家ケルが連れ去られた入り口に走った。骸骨たちはこの城の従者兼護衛といった感じだが、動きは鈍く重たい。すぐに連行されるケルの元へ追いついた。

「ヒロ、カレイド!」

 後ろ向きに引っ張られていたケルが、俺たちの姿を見て歓喜した。何事かと振り返るむくろたちに、俺は今までためにためていた『音撃』を叩きつける。頭蓋骨が粉砕され、敵はバラバラに転がった。

 カレイドがケルの拘束を解く。彼女は痛んでいたのか、両手首をさすりつつ頭を下げた。

「助けてくれて、ありがとう! あたい、嬉しい」

 俺たちが広間に戻ると、カイザ王子はあらかた掃除していた。勇者が開けた大穴から外がのぞけている。朝日がのぼったということで、外に魔物の姿はなかった。断崖絶壁だんがいぜっぺきを掘り抜いて作られた城らしく、目の前は谷底まで続くささくれ立った岩壁だ。

 俺は目の前につなが二本ぶらさがっているのに気がついた。おっかなびっくり首だけ外に出して上を向く。綱は10メートルほど真上の崖っぷちから伸ばされたものだ。勇者2人はこれを伝うという危険をおかしながら、俺とケルを救出しに来てくれたのだ。まさに危機一髪だった。

 しかし、どうして俺たちがここにいると分かったのだろう?



 勇者2人は俺とケルそれぞれを自分にしがみつかせて、また綱を上っていった。いただきは平らで、そこには仲間たちの姿があった。俺たちの帰還にイナーズやウーザイ、広院やシトメールたちが歓声を上げた。

 そのとき俺は、走ってきた1人の冒険者にしがみつかれた。アクジョである。

「馬鹿、馬鹿馬鹿っ!」

 彼女の勢いで、危うく俺は谷底に転落してしまうところだった。怒鳴りつけようかと一瞬思ったが、目の前のアクジョの顔を見てやめておいた。彼女は泣いていたのだ――それも号泣である。

「あなたがさらわれたと聞いて、私がどれだけ心配したか……! 『対等の従者』とか気取るなら、私をこんな気持ちにさせないでよ! うええぇんっ!」

 俺に抱きつき、肩にあごを載せた。俺は彼女の後頭部を撫でながら、自分の心があたたまるのを感じていた。最初はあれだけ遠かった2人の距離が、今や急速に縮まっている。

 俺も腕を回し、アクジョを力強く抱き締めた。彼女は慟哭どうこくし続ける。抱擁ほうようはしばらくの間、アクジョが落ち着くまで続行した。



 勇者カレイドの話では、カイザ王子は――ケルはともかく――俺がさらわれたことにひどく憤慨ふんがいしたという。邪魔な魔物たちを掃討そうとうし尽くすと、生き残ったメンバーたちと共に、ソーキンと俺の後を追ったらしい。まだ夜も明けていないというのに……

 そうしてたどり着いたのがこの断崖絶壁の城だった。広院は予知能力があったらしく、魔王とソーキンが真下の空間にいると断言したそうだ。それでロープを張って、剣で壁を砕いてみたところ、ドンピシャだったというわけだ。

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く