ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

051上陸

 魔王側はお待ちかねのようだった。強くなってきた風に押されて帆船が近づくと、空を羽ばたくドラゴンや小型翼竜ワイバーン合成怪物キメラ地獄の番犬ケルベロスが海岸で待ち受けているのが分かった。その他、俺の知らないような怪物までゴチャゴチャと……

 カイザ王子が剣を抜いた。洗練せんれんされた野性味あふれる赤髪の男は、自分の失点を取り戻すべく張り切っている。

「カレイド、サポートよろしく。僕がここから全部叩っ斬ってやる」

「出来ない方に朝食のパンを賭けます」

「なら僕はたらふく食えそうだ」

 王子が剣を振ると、はるか離れた龍が真っ二つになって墜落ついらくしていった。二撃、三撃。彼が剣閃を放つたび、魔物の影が切り裂かれていく。刃が空を切る衝撃波が、あんなに離れた場所まで到達しているのだ。

 勇者カレイドがぼやいた。

「今日は俺、腹が空きそうですな」

「代わりに魔物の肉を焼いて食べろ。食材は僕が用意してやる」

 船が帆をまとめ、海岸に到達する頃には、待ち伏せていた化け物たちは皆んな逃げ散っていた。あとに、大量の仲間の死骸を残して……



「やっと陸か。陸はホッとするな」

 船酔いしまくっていたウーザイが、今はすっかり元気になって飯をかっ食らっている。皆で焚き火を囲み、朝食をとっているのだった。リーダーが口を開く。

「海では襲撃にあったにもかかわらず、死者は1人も出なかった。皆んなの頑張りのおかげだ。ありがとう」

 カイザ王子は2個のパンを食べながら語った。

「その代わり、馬は数頭が海の藻屑もくずとなってしまったが……。まあ仕方ない。これからは徒歩で行軍していくことになる。案内人は彼らだ」

 彼が視線を向けた先に、悄然しょうぜんと縄につくオヨグとミズカクの姿がある。勇者カレイドは彼らの背中を爪先つまさきでつついた。

「魔王のダンジョンの場所、さっき吐きましたからね、こいつらは。行った経験があるとも」

 オヨグたちはすがるようにゲップ国王を見た。枯れ木のような老人は、しかし憔悴しょうすいし切っていて黙々と食事を進めるばかりだ。ミズカクは観念のため息をついた。

「私たちが先導しましょう。ただ魔王様は裏切り者として我らを許してくださりません。絶対に、絶対に私たちをお守りください。お願いします」

「調子のいいこと言いやがる」

 カレイドはひげでる。カイザ王子が杯で水を飲み、食事を終えた。

「それにしても、魔王の大陸というからもっと陰惨いんさんな景色を想定していたんだが……。僕が倒した魔物たちの死骸をのぞけば、ゼイタク王国やマンプク王国と大して変わらない。むしろ暑くもなく寒くもなく、快適とさえ言える。不思議なものだ」

 広院は彼のかたわらでうっとりとその一言一句に耳を傾けている。アクジョはもはや嫉妬しっとすることもなく、上品に竜の焼肉をナイフで切り取っていた。彼女の元許嫁いいなずけイナーズは、狩人かりゅうどのシトメールと談笑している。武闘家ケルは俺を助けた功績こうせきで囚人扱いから解放されていたし、僧侶ナオスは探検家カパラウの口説き文句を聞き流していた。アクジョの幼馴染ウーザイは船乗りコグやアヤツル相手に恋愛相談している。他にも冒険者や従者たちが魔物の肉を頬張り、楽しそうに笑っていた。

 この50名弱で、いよいよ魔王のダンジョンへ入る。一体どれだけが生還できるのだろう。……いや、歴代の勇者は――謀殺ぼうさつされなければ――全員魔王を倒している。案外誰も死なないんじゃないか?

 忘れないでおきたいと思うのは、今の魔王に魔神ワルイが憑依ひょういしていること。100年以上という月日を過ごした今の魔王は、相当強いかもしれないこと。奴の側近にはソーキンという実力者がついていること……

「行くわよ、ヒロ」

 アクジョが俺の頭を軽く叩いた。何だよ、と思ったときにはすでに荷物を取りに歩き出している。颯爽さっそうとした背中を追いかけつつ、俺も従者らしく職責を果たそうと、自分の両の頰をはたいた。



 軍隊と違って自由気ままな野放し暮らしの怪物たちは、カイザ王子とカレイドの『格の違う』強さを感知したものらしい。行く手に現れたのは小さな魔物ばかりで、勇者が出るまでもなく冒険者たちによって倒されていった。その亡骸なきがらは一行の食事に活用される。強い魔物ほど美味だった。

 森を抜け、浅い川に到達したところで日が暮れる。ここまで雨に降られなくて良かった。カイザ王子は指導者としてここでの野営を通達した。魔物の総本山と言うべき土地で、果たしてまともに夜明けを迎えられるのか。

 そう言えば俺はつい先日、目の前でマンプク王国のハンニバルに――あいつには一発『音撃』をかましとけば良かった――広院をさらわれたんだっけ。あれは失態だった。結局それが原因でマンプク王国通過にルート変更がなされたのだ。

 もう広院もアクジョも奪われない。俺が守ってみせる。ま、広院はカイザ王子が全力で警護するだろうけど。

 勇者カイザとカレイドは、交替で休みながら見張り番をするようだ。俺は頼もしい彼らに安全をゆだねつつ、アクジョのテントからはやっぱり追い出されて、仕方なく外で寝た。焚き火から近からず遠からず、木がぜる音を子守唄に、次第に意識が暗黒に飲まれていくのを感じる……

 突然叩き起こされた。

「ヒロ、大変だ! 敵襲だ! それも、ものすごい数の!」

 俺はウーザイの声と共に、周囲が戦場と化していることに気づいた。

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く