ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

049燃える船

 俺はこの事態に、さすがにあせった。勇者2人が転覆寸前の船に乗り込んでいるなんて、危機的状況にも程がある。

 俺がハラハラしながら見ていると、後ろから声をかけられた。

「カレイド様は向こうへ移ったようですね」

 マンプク王国海軍総督、ジョナサンだ。さっき休むとか言ってなかったっけ? それに……俺は尋ねた。

「何ですか、そのたるは」

 両手に重そうに抱えるそれは、内部に液体が入っているらしく水の揺れる音が聞こえてくる。ジョナサンは笑った。

「水の樽にまぎれ込ませておいた、別のそれですよ。……これをこうするんです」

 ふたを取って傾け、中身を静かにこぼしていく。俺は目をしばたたいた。何をやっているんだ、こいつは?

 液体は空になるまで注がれた。ジョナサンは樽を脇に捨てると、背中から羽を生やす。

 え? 羽?

「お嬢さん、それでは地獄へどうぞ」

 ジョナサンの顔が中央から割れ、紅色のまがまがしい悪鬼の頭部が出現した。上半身の筋肉が盛り上がり、シャツが破けてはがれ落ちる。これは……ガーゴイルという奴か?

 元ジョナサンは羽をはばたかせて宙に飛び上がった。そして、さっきの液体めがけて火球を吐き出す。豪速球に似たそれが着弾するやいなや、猛烈な火炎が視界を赤く埋め尽くした。

 油だ。謎の液体は油だったのだ。今やそれは消火しようもないほど燃え広がり、マストやにも飛び火する。白い希望が火の襲来にめ尽くされていく様は、悪夢としか言いようがなかった。

 ジョナサンたちは魔人で、やはり海上で勇者たちを殺しにかかってきたのだ。ガーゴイルは宙ではばたきながら失笑している。

「魔王様、このガーゴイルとクラーケンが果たした大役をご照覧しょうらんあれ! もはや勇者はいなくなりますぞ!」

 大変だ。俺は熱気にあぶられながら、炎の反対側を伝って走った。かじを任されていた女冒険者アヤツルが、疾走しっそうする俺に声をかける。

「何だいこの炎は! あの化け物は何なんだい?」

 俺は1人笑い転げているガーゴイル目がけて大声を放った。

「黙れ!」

 銀の波が虚空こくうつらぬき、悪魔を吹っ飛ばす。相手は炎の海に落ちていった。俺は呆然ぼうぜんとするアヤツルをかす。

「一刻も早く船を捨てましょう! 私は事態に気づいていない他の乗員を脱出させます! アヤツル様はボートの準備を!」

「わ、分かったわ!」

 俺は船内に潜り込み、ランタンをげてドアというドアを叩き回った。

「起きてください! 船が火事です!」

 広い空間で雑魚寝していた従者たちも目覚めさせる。彼ら彼女らは夢からい出るやいなや、恐怖と狼狽ろうばいとで出口に殺到した。

 冒険者のカパラウやナオスたちも混乱をしずめながら、適切に脱出する。

 だがアクジョの部屋は静寂せいじゃくに包まれていた。俺は扉を殴りつける。

「アクジョ! 起きろ! この船はもうダメだ、逃げるぞ!」

 筋肉ダルマのウーザイが青白い顔でやったきた。船酔いで吐き尽くしたようだ。

「ヒロ、アクジョは?」

 それでも好きな幼馴染を助けに来るとは健気けなげな奴。俺は答えた。

「まだこの中にいるはずなんだが……。かんぬきをかけてるせいで入れないんだ」

「ヒロが例の声を使えば扉を破壊できるんじゃないか?」

「狭い室内だ。アクジョを負傷させてしまうかもしれない」

「それでも命よりは大事だろうが。ヒロ、アクジョを助けろ!」

 ここはウーザイの意見を取った。俺は「出て来い!」と叫び、ドアをぶち破った。それでも無意識に手加減してしまったか、扉は半壊状態にとどまる。

 ベッドの上にはアクジョが起き上がって、いきなりの轟音ごうおんに目を白黒させてこちらを凝視ぎょうししていた。

「何なのよ、今の……。せっかくいい夢見てたのに」

 ウーザイが扉の残骸ざんがいを押しのけて中に入る。アクジョをお姫様抱っこした。

「ちょっと! 何すんのよ、ウーザイ!」

 俺はデカブツの尻を叩いた。

「先に脱出してろ。俺は逃げ遅れを助けに行く」

「了解!」

 ウーザイは身をかがめながら走り去っていった。俺は更に船内奥深くに進む。「火事だ! 逃げろ!」と叫びながら最深階を探索した。

「助けて!」

 女の声がする。俺はその方向へ走った。鉄格子の窓から見える顔は――武闘家にして裏切り者のケルだ。ドアは鍵がかけられている。

「ケル、ちょっと下がってろ!」

 彼女が引くのを待ってから、『音撃』で施錠せじょうを粉砕した。内部へ踏み入ると、足首を鎖で壁につながれたケルの姿がある。彼女は囚人なのだ。

「あたい、死にたくない! 助けて、ヒロ!」

 俺はまた咆哮ほうこうして鎖を分断した。俺のランタンの明かりを頼りに、彼女を連れ出す。もう誰の声も聴こえず、ケルが最後の1人だったと知った。

「ありがとう、ヒロ。あたい、感謝してる」

「その言葉は脱出できるまでとっとけ」

 俺たちは階段まで戻り、甲板目指して駆け上がろうとする。だが――

「うわっ!」

 炎で上の階が崩れ落ち、行く手をふさがれてしまった。黒煙が充満し、熱と合わさって進路を断つ。アクジョたちは逃げのびただろうか――俺はそんなことを考えながら、ケルの手を引き下の階へ舞い戻った。

「ど、どうする、ヒロ?」

 彼女は涙目でうろたえている。俺は尋ねた。

「ケルは泳げるか?」

「え? うん……」

「ならカナヅチの俺を助けてくれよ」

 そうして俺は手近の部屋に入ると、壁に向かって叫んだ。

「砕けろ!」

 銀の波が船腹せんぷくを突き破り、海水がなだれ込んできた。

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く