ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

042更なる人さらい

「カ、カイザ王子! その左目は?」

 汗と返り血で濡れそぼっている勇者カレイドは、開口一番相手を心配した。まるで自分が打撃を受けたかのように、その顔が苦渋くじゅうで満ちる。

 王子は指摘されて痛みがぶり返したか、軽くうめいて答えた。

「何、少し切られただけだ。朝になれば治癒の法術で治す」

「信じられねえ……よくも王子を!」

 カレイドは、無精髭ぶしょうひげ洒脱しゃだつな男は、このとき怒りを隠さない。王子は自分に忠誠を誓うこの部下を、荒馬を御すようになだめすかした。

「落ち着け。それより、そちらの首尾は?」

 一転、カレイドは鎮火ちんかした。

「すいません、カイザ王子。俺の実力不足の結果、6名が死んじまいました。『皆の命は俺が守ります』と豪語ごうごしておきながら、このザマです。面目めんぼくない」

 そうびて深々と頭を下げた。しかしこの夜闇よるやみの中で、マンプク王国の軍隊やそれに加勢する魔物たちを相手に、たった6人の犠牲だけで済ましたのだ。むしろめられるべきだろう。王子もそう考えているらしく、しかり飛ばしたりはしなかった。

「いいんだ、カレイド。そして僕に同行する者たち。僕が不在の間、よく耐えしのいでくれた。おかげでヒロイは奪還できたよ」

 生き残りの冒険者とその従者たちは、激烈な戦闘であちこち出血したり疲弊ひへいしたりしていたが、このカイザ王子のねぎらいの言葉で救われたようだ。涙を流して喜ぶものもいる。剣を掲げて勝ちどきを上げるものもいる。

 だが――

「アクジョはどこだ? アクジョを見かけなかったか?」

 悪役令嬢の幼馴染おさななじみで、犬づらの筋肉ダルマな『戦士』ウーザイが、血相を変えて尋ね回っている。俺はまだ燃え盛る城壁のやぐらの光を当てに、巨漢に問いかけた。

「おい、まさかアクジョを殺されたとかじゃないよな?」

 我ながら声が震える。最悪の事態も想定して返答を待った。果たして奴は言った。

「いや、姿が見えないんだ。カレイドが魔物どもをぶった切って、俺たちがその手助けをしている最中から、な。最初は殺害されたのかとあせったが、戦闘後に死亡を確認した6名の中には含まれていなかった……」

 アクジョの元許嫁いいなずけ、戦士イナーズも浮かない顔だった。彼は俺たちの会話に首をひねりながら参加する。

「アクジョもいないが、武闘家の娘ケルも所在不明だ。2人ともマンプク王国首都に連れ去られたんだろうか?」

 ケル、あの拳法使いの少女もか。そこで俺は記憶の中から鮮明せんめいな一幕を思い出した。そう言えばケルはゼイタク王国首都で、アクジョがフゴー家を名乗ったとき、不穏ふおんな雰囲気をかもし出していたっけ。

 ケルがフゴー家に何らかの関わりがあり、それを動機としてアクジョを連れ去った、という可能性はあり得る。俺はその推測も含めて、2人の勇者に報告した。

「……というわけですが、どうしますか?」

 カレイドは首を振った。うんざりだ、と言わんばかりだ。

「あのじゃじゃ馬令嬢……。舞踏会では狂乱してヒロイ嬢を殺そうとし、今度は旅程りょていについてきたかと思ったらさらわれる。全く手に負えねえな」

「そう言うな、カレイド」

 カイザ王子はいたましげに首を振った。

「ケルはマンプク王国の間者かんじゃだったのだろうか? ……アクジョの身は心配だが、疲れ切った我々が再度城門の内へ入るのは危険過ぎる。まずは傷を治療できる――『治癒の法術』が使えるようになる夜明けを待った方がいいだろう」

 ずいぶん冷めた物言いだった。恋人の広院がさらわれたときとは態度に雲泥うんでいの差がある。これが王子の本音だとしたら、あまりにも元婚約者に対して冷淡れいたん過ぎるというものだ。

 俺はアクジョが可哀想で、助けてやりたくて――気付けば自ら名乗り出ていた。

「私がアクジョを救出してきます」

 勇者カレイドは目をしばたたいた。

「お嬢ちゃんが? 今や俺たちへの怨嗟えんさで凝り固まっている街に? 冗談も休み休み言えよな」

 カイザ王子は冷笑したりはしなかった。

「いやカレイド、彼女はかなり強いんだぞ」

 イナーズとウーザイが嘆願たんがんする。

「私たちもヒロに協力します! どうかお許しを!」

 そのときだった。矢文やぶみが放物線を描いて都内から飛んできたのは。

 地面に突き刺さったそれを狩人のシトメールが拾い上げる。王子に手紙を渡した。

「ええと、何々……? 『婚約者アクジョの命が惜しければゲップ国王と交換せよ。朝日を最終期限とする。尚書しょうしょカークより』」

 どうやらケルはどさくさ紛れにアクジョをかっさらい、跳ね橋を通じて門内に入り込んだらしい。

 カイザ王子はアクジョに対して冷たかった。

「ゲップは我々の旅を邪魔させないための生命線だ。渡すことはできないな。残念だが見捨てるしかない」

 イナーズが健気けなげな面を見せる。

「では私たちもお見捨てください。我々3人は首都に入ります」

「跳ね橋は壊してしまったぞ」

「出入り口はここだけではありません。向こうにも跳ね橋が。そちらから侵入します」

 カレイドが肩をすくめた。

「やれやれ、馬鹿には勝てませんな。カイザ王子は負傷されています。ここは俺が力を貸しましょう。国王は渡せませんから、その身ぐるみを引っぺがしてヒロに着せて化けてもらいます。構いませんね?」

 カイザ王子は不承不承ふしょうぶしょう受け入れた。

「分かった。必ず戻ってこいよ、カレイド」

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く