ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記

よなぷー

041脱出

「カイザ王子……殿下……?」

 広院はぼんやりとした焦点の合わない瞳で、恋人の名を呼んだ。王子の顔に喜色が走る。

「そうだ、僕だ、ヒロイ。ヒロもいるぞ。もう大丈夫だ」

 妹はようやくかたわらのカイザ王子の存在に気がついたようだ。そちらへ視線を向けると幾度いくどかまばたきし、そうと確かめたか涙を流す。

「殿下!」

「ヒロイ!」

 2人はここがどこでどういう状況かも忘れたらしく、抱き締め合って熱い口付けをかわした。どうやら広院の魂とやらは無事元の体に戻ったらしい。俺はやれやれとばかりに立ち上がった。王子たちを置いてゲップ国王ににじり寄る。

「国王。魔物でもないあなたがどうやって、人間の魂を抜き取って首飾りに閉じ込めたんですか? あなたもエライングのように、正体は魔物なんですか?」

 ゲップは俺の『音撃』とその威力いりょくを目の当たりにしていた。それを思い出したか、おびえた小動物のようにすくみ上がる。

「よ、余は人間だ。ただエライングのように、魔物が人間をよそおって、この国の重役についている場合もある。『魂移し』はそうした『魔人』の呪術師がほどこしたもので、魔王様に生けにえささげる際に用いられてきた」

「やっぱり魔王側とずぶずぶの関係だったんですね、マンプク王国は。魂と肉体は別々に差し出すのですか?」

「そうだ。というか、魂を食らうのが魔王様で、肉体を食らうのが側近のソーキン様だ」

 初めて聞く名前だ。

「ソーキン?」

 国王は俺に対してとにかく恐怖し、聞かれたことには何でも答えるスピーカーだった。

「魔人の中でも最強の存在で、魔王様の片腕だ。余も又聞きで知るに過ぎん」

 そんな奴がいるのか。ちっ、面倒だな。

 背後からカイザ王子が声をかけてきた。ひどく落ち着いた声音だ。

「ゲップ国王、あなたは今から僕たちの人質だ。マンプク王国圏内を脱出し、魔王の大陸に渡るまで、我々の道連れとなってもらう」

 振り向けば、勇者は恋人と共に毅然きぜん仁王立におうだちしていた。広院は憤慨ふんがいしている。

「よくもカイザ王子殿下に傷を……! それにあたしの服! 許さないんだから!」

「国王、そのマントを寄越よこしてもらおう。ヒロイ、しばらくはそれをまとって我慢してくれ」

 俺は広院が純白の布で下着姿を隠すのを見ながら、一応尋ねておいた。

「体は大丈夫か? 殴られたりしなかったか?」

 妹は今頃俺の存在に気づいたように、

「ああ、うん。助けに来てくれてありがとう、ヒロ」

と返してきた。カイザ王子に夢中で、俺に対しては上の空のようだ。まあ、これが我ら兄妹さ。



 王子、広院、ゲップ、俺の並びで、天守閣を出る。エライング隊長を失った首都警備隊の兵士たちは、ときたま無謀な馬鹿が飛び出てきては、カイザや俺に倒された。

 俺は何度か国王の尻を蹴り上げ、その度に「余はこやつらの人質だ。こやつらの邪魔をしたり行く手をはばんだりしてはならぬ」と喋らせた。そうすると決まって衛兵たちは道を開けた――いかにも悔しそうに。

 さすがに深更しんこうとなって、いい加減眠たかったが、王子も俺も緊張感を切らすわけにはいかなかった。敵地の真ん中から早く脱出しなければ。

 俺たち一行はそうして街並みを下っていった。目指す城門辺りが異様に明るいのに気がつく。カイザ王子は――奪われた兜の奪還はあきらめたらしい――ぼそりとつぶやいた。

「カレイドが派手にやってるな。まあマンプク王国が僕を眠らせて殺害しようとした時点で、外で待つ魔王討伐隊もマンプクの軍隊に襲撃されていたと思うが……。無事であってくれ」

 その後はあせりのためか少し早足になる。伝説の鎧を着込んでいるカイザ王子は、ついそのことを忘れてしまいがちで、俺はたびたび静止の訴えを投げかけなければならなかった。

 門が近づいてきた。燃えているのは塔と城壁の上のやぐらだ。恐らくドラゴン使いあたりがカレイドと戦い、誤って引火したものと見られる。実際斬殺された竜の死骸しがいがあちこちに転がっていた。ユニコーンや、また別の魔物らしきものもある。屈強くっきょうな勇者カレイド相手に、もはや魔物を隠そうとも出し惜しみしようともしなかったらしい。

 落とし格子は落ちている。縦横に走る大木が扉の役目を果たしていた。その向こうに上げられたままの跳ね橋がのぞけた。

 カイザ王子が俺に頼んだ。

「落とし格子を粉砕してくれ、ヒロ。僕の剣では跳ね橋も切断してしまいかねないからな」

「承知しました」

 勇者、広院、ゲップ国王が離れる。俺は大声を出した。

「砕けろ!」

 銀の波が宙空をつらぬいて格子を爆砕ばくさいした。遠巻きに見守る兵士たちが驚嘆してざわめく。広院は俺に近づいて耳元でささやいた。

「何よ、その技! あたしは使えないわよ、それ」

「女神シンセにもらったんだ。いいだろ」

 そうこうしているうちに、カイザが跳ね橋の両端に繋がれた鎖を断ち切る。橋がゆっくりと、次第に速くなって、轟音と共にほりかった。

 俺たちはそれを渡り、マンプク王国首都を脱出する。跳ね橋を破壊して、追っ手が来られないようにするのも忘れなかった。

 外はめちゃくちゃな有り様だった。大軍の死屍累々ししるいるいが血流と共に横たわり、大小の魔物も落命して転がっている。俺たちの部隊は――

 野営地で数十人が生き残っていた。イナーズ、ウーザイの姿も見える。皆んなどこかしら怪我しており、倒れている数人は息絶えていた。

 すでに戦闘は終わっているらしく、カレイドが無傷で王子を出迎える。

「ブレードパラダイス〜女装少年奮戦記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く